旗鼓(きこ)堂々(どうどう)/Swords at Dawn》

速攻魔法
自分の墓地の装備魔法カード1枚と、
その正しい対象となるフィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択した装備魔法カードを選択したモンスターに装備する。
この効果で装備した装備魔法カードはエンドフェイズ時に破壊される。
このカードを発動したターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
「旗鼓堂々」は1ターンに1枚しか発動できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した速攻魔法
 自分墓地装備魔法フィールドモンスターに装備する効果を持つ。

 装備魔法を再利用できるが、装備された装備魔法エンドフェイズ時に自壊してしまうため、基本的に効果を発揮できるのはそのターン限りとなる。
 その上、発動ターン特殊召喚を封じられる重いデメリットもあるので、そこまでして再利用したいかは微妙なところである。
 イラスト《閃光の双剣−トライス》等に存在する発動コストは踏み倒せるが、まず装備魔法自体を墓地へ送る方法が少ない。

 速攻魔法であるため、相手攻撃宣言時に発動する事でコンバットトリックとして用いることができる。
 相手ターン中の発動であれば、特殊召喚不可のデメリットもほとんど問題にならないだろう。
 もっとも、ダメージステップ発動できない事から《サイクロン》などで潰されやすく、墓地装備魔法がないと発動すらできないので、純粋なコンバットトリックよりも使いづらいことは否めない。

 エンドフェイズの処理は破壊であるため、《武装神竜プロテクト・ドラゴン》《白竜の忍者》等の効果破壊されない状態ならば継続して利用できる。
 あるいは、破壊された際に効果の発動がある聖剣ヴァイロン装備魔法コンボするのも良い。
 カード効果では破壊されない《融合武器ムラサメブレード》ならばこのデメリットを回避できる。
 《ビッグバン・シュート》とは相性が良く、相手モンスター除外ができ、自分ターンであれば《霞の谷のファルコン》等によるバウンスで再利用が狙える。
 変わった所では、《甲虫装機 センチピード》《甲虫装機の魔剣 ゼクトキャリバー》を装備させれば、エンドフェイズサーチサルベージを行う事ができる。

 装備魔法を使い回せるカードは、他にも《アームズ・ホール》も存在している。
 単に装備魔法を手に入れる目的なら、サルベージだけでなくサーチもできて自壊の心配も無いあちらが強力である。
 しかし、こちらは速攻魔法で奇襲性が高く、自壊も利用したコンボも存在している。
 通常召喚不可のデメリット特殊召喚と同等に無視できないものであり、基本的には相互互換と考えていいだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズ破壊は「効果による破壊」扱いですか?
A:はい、効果による破壊です。(13/07/20)

Q:エンドフェイズ破壊チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(13/08/01)

Q:モンスター特殊召喚した後でこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/07/20)

Q:戦士族が2体いる時に《アサルト・アーマー》を選択し発動できますか?
A:いいえ、発動する事自体ができません。(13/07/24)


Tag: 《旗鼓堂々》 魔法 速攻魔法

広告