機巧嘴(きこうし)八咫御先(ヤタノミサキ)

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2050/守2050
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの通常召喚された
モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。
モンスター1体を召喚する。
自分はこの効果で召喚したターン、そのモンスターと元々の種族が同じモンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードの(1)の方法で特殊召喚したこのカードがリリースされた場合に発動する。
自分は2050LP回復する。

 CHAOS IMPACTで登場した光属性機械族上級モンスター
 通常召喚されたモンスター1体をリリースして自身を特殊召喚する召喚ルール効果召喚・特殊召喚に成功したターンモンスター召喚する起動効果、自身の効果特殊召喚に成功した状態でリリースされた場合にライフ回復する誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、通常召喚されたモンスターリリースして自身を特殊召喚できる効果
 下級モンスターリリースすれば損失は少ないので、レベル4・5を共有させる【ゼンマイ】【希望皇ホープ】ではエクシーズ素材として有用である。
 《クリッター》のような墓地へ送られた時に発動するカードリリースしてディスアドバンテージを軽減するのも良い。

 (2)の効果は、自身が召喚・特殊召喚に成功したターンモンスター召喚する効果
 召喚先に制限はないが、同じ種族以外のモンスター特殊召喚できなくなるので種族を固めてあるデッキでの使用が望ましい。
 特殊召喚方法に指定はなく、(1)の効果だけでなく蘇生などで自身を出した場合でも有効である。

 (3)の効果は、自身の効果特殊召喚した状態でリリースされた場合にライフ回復する効果
 リリース手段は用意する必要があるが、回復値は大きい。

 全ての効果を活用するならば、(1)の効果で自身を特殊召喚、(2)の効果召喚権を追加、(3)の効果で自身をリリースアドバンス召喚してライフ回復という流れが考えられる。
 上級モンスター主体のデッキなら狙いやすく、このカードの消費が召喚権の追加とライフ回復になる。
 通常召喚するモンスターと自身と追加で通常召喚するモンスター手札3枚を消費しているので、終盤は効果を活かしにくい。

 レベル5・光属性機械族であることから【サイバー・ドラゴン】と相性は良く、《サイバー・ドラゴン》特殊召喚した後、通常召喚したモンスターリリースして自身を展開すれば、召喚権を残したままランク5をエクシーズ召喚できる。
 通常召喚した《サイバー・ドラゴン・コア》《エマージェンシー・サイバー》サーチし、そこから《サイバー・ドラゴン・ドライ》を呼び込み、(2)の効果で二度目の通常召喚を行えば、エクシーズ召喚の準備も整う。

 召喚時の効果が重要となる《サイバース・ガジェット》などを擁する【サイバース族】も相性は良く、《サイバース・ガジェット》リリースしてこのカードを出し、他のサイバース族を展開する足がかりにできる。
 召喚時に後続をサーチする《レディ・デバッガー》等なら、召喚後にこのカードの(1)のリリースとなり、サーチしたモンスターをまた召喚するという流れが可能になる。

  • 《機巧蛇−叢雲遠呂智》の存在を考えると、モチーフは「八咫烏」だろう。
    「御先」は、神霊の移動・出現に際し先導を行う・予兆を知らせる存在の事であり、神武天皇が熊野国から大和国へ向かう際に八咫烏が御先として道案内をしたことに由来すると考えられる。
    • 攻撃力守備力・(3)の効果ともに2050の数値になっているのは、上記の逸話から八咫烏と関連の深い熊野本宮大社の御創建二千五十年を意識してだろうか。
      ただし御創建二千五十年となったのは、このカードの登場年から見ると昨年になる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:機械族以外の種族モンスターを既に特殊召喚しているターンで、《機巧嘴−八咫御先》を特殊召喚しました。
  (2)の効果発動することは可能ですか?
A:《機巧嘴−八咫御先》の『自分はこの効果召喚したターン、そのモンスターと元々の種族が同じモンスターしか特殊召喚できない』は、(2)の効果処理を行った際に適用されますので、ご質問のように、すでに機械族モンスター特殊召喚しているターン中であっても、《機巧嘴−八咫御先》の(2)の効果発動することができます。(19/07/14)


Tag: 《機巧嘴−八咫御先》 モンスター 効果モンスター 星5 光属性 機械族 攻2050 守2050

広告