機甲忍者(きこうにんじゃ)ブレード・ハート/Blade Armor Ninja》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/風属性/戦士族/攻2200/守1000
戦士族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 ORDER OF CHAOSで登場した風属性戦士族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除き、忍者と名のつくモンスター2回攻撃を付与する起動効果を持つ。

 このモンスター自身も忍者なので、効果によって2回攻撃を行うことができる。
 レベル4を並べられる【戦士族】なら採用しやすく、下級モンスターの掃討をさせても、直接攻撃による4400ダメージを狙っても良い働きをする。
 2回攻撃効果全般に言えることだが、装備魔法《H・C エクストラ・ソード》などの強化カードとも相性が良い。
 元々の攻撃力は低めなので、大型モンスターを倒す役割は同素材から出せる《H−C エクスカリバー》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に任せよう。

 同ランクで同様に2回攻撃できる《ガガガザムライ》とは、エクシーズ素材戦士族限定である代わりに、攻撃力が300高いという相互互換関係にある。
 《ガガガザムライ》2体では1ターンキル圏に入らないが、《ガガガザムライ》+このカードなら1ターンキルに届くので、攻撃力300の差は中々重要である。

  • 「ブレード(Blade)」は「刃」と、「ハート(Heart)」は「心」と訳す事ができる。
    そして、この二文字を組み合わせると「忍」となる。
    忍者は「女」という字を分解して「くノ一」に、というように漢字を分解して暗号や隠語にしていたとされている。
    日本版ではこうした洒落のあるカード名だったが、英語版では「ハート(Heart)」の要素がなくなってしまった。
  • アニメでは、背部に「忍」の文字が書かれているのが確認できる。
  • 決闘庵には、六十郎が闇川のために作ったこのモンスターの木像が存在する。
    闇川が決闘庵を去る際に一刀両断されてしまったが、六十郎がこれを修繕していたことが後に闇川の荒んだ心を救うことになる。
  • 攻撃名の元ネタは白土三平の忍者漫画「カムイ伝」等でカムイが使う必殺技「変移抜刀霞斬り」か。
  • アニメARC-V第126話の赤馬零王の回想において、ズァークに3人同時に倒されたデュエリストの1人が使用していた。
    なお他の2人が使用していたのはどちらも未OCGカードであり、アニメZEXALで陸王が使用した《ボンタン・ラヴァザウルス》と、海王が使用した《リーゼント・ブリザードン》である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:2回攻撃できる効果適用された後で、このモンスター効果無効化された場合、効果適用されたままですか?
A:はい、適用されたままです。(12/05/16)

Q:効果発動したターン、選択したモンスター攻撃を行わない事は可能ですか?
A:可能です。(12/10/24)

Q:効果発動したターン、選択したモンスターが1回のみ攻撃を行う事は可能ですか?
A:可能です。(12/10/24)

Q:先攻ターン目に効果発動できますか?
A:できません。(12/10/24)


Tag: 《機甲忍者ブレード・ハート》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 風属性 戦士族 攻2200 守1000 忍者

広告