機皇兵(きこうへい)グランエル・アイン/Meklord Army of Granel》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1600/守1200
このカードの攻撃力は、このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する
「機皇」と名のついたモンスターの数×100ポイントアップする。
このカードが召喚に成功した時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
そのモンスターの攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にする事ができる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性機械族下級モンスター
 機皇兵共通の自己強化する永続効果と、召喚成功時に相手モンスター攻撃力を半減させる誘発効果を持つ。

 効果により単体でも攻撃力3200以下までを戦闘破壊する事ができる。
 自身の効果強化すれば、さらに広い範囲まで対処が可能になる。
 だが《アーマード・ビー》ならば、維持できれば召喚したターン以外でも効果発動でき、より大きいアドバンテージが望める。
 これらのモンスターとは地属性機械族機皇兵誘発効果である等の差別化要素が存在するため、デッキによってはこちらを優先して採用してもいいだろう。
 【機械族】では、単体で相手の高攻撃力モンスター戦闘破壊できるという点から採用が見込める。
 さらには、《リミッター解除》を併用する事でかなりのダメージを与えられるので、汎用性は決して低くない。

 素の攻撃力では《機皇兵ワイゼル・アイン》に劣るものの、効果によりほとんどのモンスター攻撃力を上回れるので、単体での戦闘能力は非常に高い。
 とは言え、効果を使った後は準アタッカークラスのステータスでしかないので、機皇を展開して補いたい。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアポリアが使用。
    また、隠しデッキ「絶望の機神」にも投入されている。
    ポリゴンでは上半身が常に上下左右へとカクカク動いている。
    アニメでの攻撃時は黒みを帯びた暗い虹色の丸いビームを放っていたが、こちらは暗い紫色の重力弾を放つ。
    戦闘破壊されると、黒い煙を上げてショートする。

関連カード

―《機皇兵グランエル・アイン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《機皇兵グランエル・アイン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1600 守1200 機皇 機皇兵

広告