輝光竜(きこうりゅう)セイファート》

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つ
ドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 CHAOS IMPACTで登場した光属性ドラゴン族下級モンスター
 手札フィールドドラゴン族コストにそのモンスターレベルの合計が同じモンスターサーチする起動効果、自身を墓地コスト光属性または闇属性レベルドラゴン族サルベージする起動効果を持つ。

 (1)は手札フィールドドラゴン族墓地へ送ることで、その合計レベルと同じドラゴン族1枚をサーチする効果
 (2)の効果とは異なりレベルに関係なくドラゴン族サーチできるが、複数枚を墓地へ送るのは消耗が激しいため、基本的には1枚から同レベルモンスターサーチしたい。
 フィールドに出した自身を墓地へ送ることで即座にレベルドラゴン族サーチできるが、召喚権を消費した上にフィールドがガラ空きになるため、このカードまたはサーチ先を特殊召喚して補うと良いだろう。
 自身を墓地へ送る場合、即座に特殊召喚できる《暗黒竜 コラプサーペント》は相性が良く、ペンデュラムゾーンに置けば覇王門サーチできる《覇王眷竜ダークヴルム》召喚権を使っていても展開できる。

 フィールドドラゴン族墓地へ送る場合はボード・アドバンテージを失うため、手札ドラゴン族をコストにした方が良い。
 特に(2)の効果と連動させたい場合、レベルモンスターフィールドに出す手間を考えると、手札コストにした方が良い場面も多い。
 サーチが容易な《青眼の白龍》から《限界竜シュヴァルツシルト》などをサーチ特殊召喚するといったことができる。
 手札《嵐征竜−テンペスト》墓地へ送ることでレベル7をサーチしつつ自己再生に繋ぐといった事も可能。
 1体のみを墓地へ送った場合同名カードサーチすることも可能で、墓地を肥やすことも狙える。

 (2)は墓地闇属性レベル8・ドラゴン族を1枚サルベージする効果
 (1)の効果レベルドラゴン族墓地へ送る、またはサーチする事で、この効果を狙いやすくなる。
 墓地にいれば好きなタイミングで発動できるので、ライトロード《隣の芝刈り》等の大量の墓地肥やしとも相性がいい。
 【ライトロード】では《裁きの龍》《戒めの龍》を、【カオスドラゴン】では《混沌帝龍 −終焉の使者−》《混源龍レヴィオニア》等をサルベージできる。

収録パック等


Tag: 《輝光竜セイファート》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 ドラゴン族 攻1800 守0

広告