輝白竜(きびゃくりゅう) ワイバースター/White Dragon Wyverburster》

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は
1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。 

 ジャンプフェスタ2013(1日目) プロモーションカードで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 通常召喚できず、墓地モンスター除外した場合のみ特殊召喚でき、《暗黒竜 コラプサーペント》サーチする効果を持つ。

 下級モンスターだが、手札からしか特殊召喚できず通常召喚蘇生もできない。
 除外コスト闇属性1体と軽く、特殊召喚条件を満たすことは容易である。

 《暗黒竜 コラプサーペント》デッキからサーチする効果を持ち、墓地のこのカード除外し、即座に《暗黒竜 コラプサーペント》特殊召喚につなげることができる。
 サーチ効果発動条件は「フィールド上から墓地へ送られた場合」と緩いが、エクシーズ素材に使用した場合は条件を満たすことができない。
 一方でシンクロ召喚ならばサーチに繋げられるので、できればチューナーの入ったデッキで使用したい。

 デメリットとして、このカード特殊召喚1ターンに1度しか行えない制約を持つ。
 このモンスターを大量展開することはできないが、シンクロ召喚アドバンス召喚の補助には十分役立てることができる。

 弱点として、手札に複数ある場合はどちらかが腐る事、特殊召喚封じに弱い事、アタッカーとしてはやや攻撃力が低い事がある。
 手札で腐っている場合は、《ライトニング・ボルテックス》等の手札コストにしたり、《ライトパルサー・ドラゴン》蘇生コストにしたりすると良いだろう。

 このカードと相性が良いカードは多く存在する。
 除外した闇属性モンスターは、《闇次元の解放》等で活用できる。
 《光霊術−「聖」》等のリリースにも使え、《混沌空間》《ライトニング・チューン》等、このモンスターと相性の良い光属性サポートカードは多い。

  • カード名は、「ワイバーン(Wyvern)」と「バースター(Burster)」を組み合わせたものと思われる。
    ワイバーンの意味は《ワイバーン》を参照。
    バースターとは、X線やガンマ線を短時間に大量に発生させる天体のことである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚手札加える効果、それぞれの効果分類は何になりますか。
A:手札からの特殊召喚モンスター効果として扱わず、チェーンブロックを作りません。
  また手札加える効果誘発効果となります。(12/12/22)

Q:手札加える効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/22)

Q:《神の宣告》によって特殊召喚無効にされた場合、もう一度《輝白竜 ワイバースター》を自身の効果特殊召喚できますか?
A:《神の宣告》によって無効にされた場合でも、同一ターン中に自身の効果特殊召喚する事はできません。(13/04/06)

広告