吸光融合(アブソープ・フュージョン)/Absorb Fusion》

通常魔法
「吸光融合」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は「ジェムナイト」モンスターしか特殊召喚できない。
(1):デッキから「ジェムナイト」カード1枚を手札に加える。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分の手札・フィールドから、
「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 ブースターSP−レイジング・マスターズ−で登場した通常魔法
 ジェムナイトサーチし、その後任意でジェムナイト融合召喚できる効果を持つ。

 ジェムナイトであればあらゆるカードサーチでき、《ジェムレシス》とともに【ジェムナイト】回転の核となる。
 特に、魔法カードである《ジェムナイト・フュージョン》サーチ可能なため、併用することで初動の回転率を大きく強化できる。

 また、サーチ効果適用後、さらに任意でこのカードによる融合召喚も可能。
 しかし、対応範囲は通常の《融合》と変わらない手札フィールドでありながら、融合素材除外してしまう点が非常に痛い。
 《ジェムナイト・ラズリー》等を融合素材にしてディスアドバンテージを軽減できない上、《ジェムナイト・フュージョン》サルベージするための墓地リソースも失われてしまう。
 このカードで同じ対応範囲かつデッキの要である《ジェムナイト・フュージョン》サーチできるため、基本的に融合はそちらに任せ、単なるサーチカードとして使うことになるだろう。
 ただし、モンスターサーチしてそのまま融合素材にすれば、疑似的にデッキモンスター融合素材とした消費軽減が可能となる。
 手札にこのカード融合素材にできるモンスター1枚で素早く融合召喚ができるため、場合に応じて上手く活用したい。

 万能サーチとしてエンジンになりつつ、いざという時は融合召喚の手段にもなるため、【ジェムナイト】必須カードの1枚と言える。
 パーツが揃うまでの序盤の遅さを改善しつつ、中盤以降でも腐らないため、柔軟な活躍が可能。
 ただし、発動するターンジェムナイト以外の特殊召喚ができないため、サポートを行うエクシーズモンスター等も出せない。
 《ジェムナイト・ファントムルーツ》ジェムナイトであるためこのカード発動するターンでもリンク召喚が可能であり、融合効果を使った場合にも除外された融合素材モンスターをさらに融合素材として使用することが可能なため非常に相性が良い。

  • カード名の振り仮名は「アブソープ(pu)・フュージョン」である。
    英単語としては「アブソーブ(bu)」が正しいのだが、異なるため注意したい。
    このWikiでも発売から2年半にわたり間違っていた。
    • 「吸収する(動詞)」は英語名にもある「absorb(アブソーブ)」だが、「吸収(名詞)」は「absorption(アブソープション)」となる。
      日本語名はこちらの単語を縮めて「アブソープ(pu)」としたのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《吸光融合》 魔法 通常魔法 フュージョン

広告