宮廷(きゅうてい)のしきたり/Imperial Custom》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーは「宮廷のしきたり」以外の
フィールド上に表側表示で存在する永続罠カードを破壊できない。
「宮廷のしきたり」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 ANCIENT PROPHECYで登場した永続罠
 このカード以外の永続罠破壊を防ぐ効果を持つ。

 除去を防ぐという目的なら、《スターダスト・ドラゴン》カウンター罠で個々の脅威に対応していく方が汎用性が高いと言える。
 しかし、永続罠が大量に投入されたデッキにおいてはその限りではない。
 それらのカード破壊するために必ずこのカードを経由しなければならないのは、相手としては非常に厄介である。
 《ハーピィの羽根帚》等の全体除去に対しても、このカード1枚の消費だけで対応できる。

 使用するならば、ルール介入型の永続罠を複数使用するデッキが適任か。
 例としては、《スキルドレイン》《虚無空間》《マクロコスモス》等が挙げられる。
 それらのカード対象とした《サイクロン》等にチェーンして発動すればアドバンテージを得る事も可能である。
 《神炎皇ウリア》との相性は抜群で、永続罠を守りつつ特殊召喚コストにもできる。
 なお、《王宮のお触れ》が存在する場合は、このカード自体の効果が失われてしまう。
 《生贄封じの仮面》を利用する場合、前述の《スターダスト・ドラゴン》で守る事ができないので、一考の余地がある。
 《スキルドレイン》の場合、モンスター効果による魔法・罠カード除去が困難になるため、防御性能がより高くなると言えるだろう。

 また、「罠カードとしても扱う」タイプの罠モンスターにも効果適用される。
 戦闘でも効果でも破壊されないようになり、非常に相性が良い。
 《メタル・リフレクト・スライム》は強固なとなり、《カース・オブ・スタチュー》なら相手モンスターのみを除去する事が可能となる。

 ただし、バウンス除外に対しては何の耐性も付与することができない。
 それによって、ロックをあっさり突破されてしまう事がある。

 単体では何の役にも立たないので、本命の永続罠の方を除去されてしまうと丸裸も同然である。
 また、相手永続罠破壊されない効果適用される。
 相手《マクロコスモス》等で戦術を狂わされる危険が伴うため、その点では《偽物のわな》に劣ると言える。
 これを逆手に取り、相手《アビスフィアー》自壊させなくする事も可能ではある。

  • 漫画GXの「十代vsアモン」戦では、アモンが永続魔法《封印の真言》のみの破壊を防ぐ永続罠《古文書の結界》を使用している。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

発動について

Q:《王宮のお触れ》等が存在する時にこのカード効果無効になっている時に2枚目の《宮廷のしきたり》は発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/08/05)

Q:フィールド上に《宮廷のしきたり》が存在する時に《おとり人形》効果で2枚目の《宮廷のしきたり》を強制発動できますか?
A:2枚目の《宮廷のしきたり》はフィールド上に存在する事ができない為、破壊されます。(12/06/28)

永続罠無効について

Q:このカードの効果適用中に、永続罠発動しました。
  相手はそれに対して《神の宣告》等のカウンター罠発動破壊できますか?
A:はい、発動無効にして破壊することは可能です。(11/08/05)

Q:このカードの効果適用中に、《スターダスト・ドラゴン》効果永続罠カードの発動無効にし破壊できますか?
A:はい、できます。(11/11/07)

Q:このカードの効果適用中に、《スターダスト・ドラゴン》効果で、表側表示で存在している永続罠カード効果の発動無効にし破壊できますか?
A:効果の発動無効にできますが破壊することはできません。(12/03/05)

Q:このカードの効果適用中に、特殊召喚する効果を含む永続罠《リビングデッドの呼び声》《死霊ゾーマ》等)を発動しました。
  相手がそれにチェーンして《王宮の弾圧》発動した場合、どのように処理しますか?
A:特殊召喚する効果を含む永続罠に対して《王宮の弾圧》発動した場合、その永続罠効果無効になりますが、特に効果の成さない永続罠として魔法&罠カードゾーンに残ります。
  《マクロコスモス》の場合、特殊召喚する効果無効になりますが、魔法&罠カードゾーンに残り続けるため、除外する効果の方は適用されます。(11/08/05)

Q:このカード適用中、何ターンか前からセットされた《強制接収》発動条件は手札捨てた時)を《おとり人形》強制発動させた場合、《強制接収》はどうなりますか?
A:《宮廷のしきたり》の効果適用されている場合、《おとり人形》効果によって強制発動された《強制接収》破壊されずフィールド上に残ります。(12/06/11)

Q:このカードの効果適用中に、《ライト・リサイレンス》フリーチェーン発動できる永続罠)をセットしました。
  エンドフェイズ時にこの《ライト・リサイレンス》対象《サイクロン》発動されました。
  この時、《ライト・リサイレンス》破壊されますか?
A:はい、破壊されます。
  《宮廷のしきたり》の効果適用されている場合でも、裏側表示セットされている永続罠破壊されます。(11/08/05)

Q:このカードの効果適用中に、相手ターン《砂塵の大竜巻》効果《ライト・リサイレンス》セットしました。
  セットされたターンに、この《ライト・リサイレンス》対象《おとり人形》発動されました。
  この時、《ライト・リサイレンス》破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(11/08/05)

このカードと共に同時に破壊される場合

Q:このカードの効果適用中、他の永続罠表側表示で存在するとき、《大嵐》《ブラック・ローズ・ドラゴン》効果発動した場合、このカードだけが破壊されるのですか?
A:はい、このカードのみ破壊されます。(11/08/05)

Q:このカードセット状態で存在する時に、このカード以外の表側表示で存在する永続罠対象にして《サイクロン》等を発動され、それにチェーンする形でこのカード発動した場合、どうなりますか?
A:その場合、《サイクロン》対象が存在しなくなるため、不発になります。(11/08/05)

Q:このカードセット状態で存在する時に、このカード表側表示で存在する永続罠対象《ゴッドバードアタック》等を発動され、それにチェーンする形でこのカード発動した場合、どうなりますか?
A:《宮廷のしきたり》のみ破壊されます。(11/08/05)

永続罠破壊対象

Q:このカードの効果適用中に、このカード以外の表側表示で存在する永続罠対象にして《サイクロン》等を発動する事はできますか?
A:発動できます。(15/12/18)

様々な永続罠について

Q:このカードの効果によって、このカード以外の永続罠は全て破壊されなくなりますか?
A:いいえ、カードによって破壊されないカード破壊されるカードがあります。(11/08/05)

Q:破壊されるカード破壊されないカードの違いはテキストからどのように判断できますか?
A:いいえ、テキストから判別することはできません。
  どのカード破壊されないカードか否かはその都度、事務局にご確認ください。
  お客様にはお手数おかけしますが、ご了承ください。(11/08/05)

Q:このカードの効果適用中に、罠モンスター戦闘カードの効果破壊されなくなりますか?
A:はい、破壊されなくなります。(11/08/05)

自壊する効果を持つ永続罠について

Q:自壊効果を持つ永続罠はどうなりますか?
A:基本的には自壊しませんが、維持コストを払わない(払えない)ことでの自壊は防げません。
  ただし、必ずしもその限りではありません。
  自壊するカードか否かは、事務局にご確認ください。(11/08/05)

自壊しない永続罠

Q:《宮廷のしきたり》が存在する場合、これらのカード自壊しますか?
《サイバー・ネットワーク》(14/12/01)・《底なし流砂》(14/11/29)・《漆黒のパワーストーン》(14/08/01)・《竜巻海流壁》(14/08/01)・《罅割れゆく斧》(14/05/11)・《アマゾネスの意地》(14/04/14)・《携帯型バッテリー》(14/04/14)・《バベル・タワー》(14/04/14)・《拷問車輪》(13/08/25)・《Vain−裏切りの嘲笑》(13/05/25)・《ラッキーパンチ》《アビスフィアー》(12/09/12)・《安全地帯》(12/06/28)・《虚無空間》(12/06/28)・《ウィキッド・リボーン》(12/06/28)・《エンジェル・リフト》(12/06/28)・《オーバー・デッド・ライン》(12/06/28)・《化石岩の解放》(12/06/28)・《化石発掘》(12/06/28)・《奇跡の光臨》(12/06/28)・《グレイモヤ不発弾》(12/06/28)・《コアの再練成》(12/06/28)・《サイコ・チューン》(12/06/28)・《正統なる血統》(12/06/28)・《洗脳光線》(12/06/28)・《血の刻印》(12/06/28)・《血の沼地》(12/06/28)・《調律師の陰謀》(12/06/28)・《デプス・アミュレット》(12/06/28)・《デモンズ・チェーン》(12/06/28)・《倍返し》(12/09/27)・《ブレインハザード》(12/09/27)・《暴君の暴飲暴食》(12/06/28)・《魔法封印の呪符》(12/06/28)・《ミニチュアライズ》(12/06/28)・《闇次元の解放》(12/09/27)・《闇の呪縛》(12/06/28)・《蘇りし魂》(12/09/27)・《リビングデッドの呼び声》(12/06/28)・《リミット・リバース》(12/06/28)・《レアメタル化・魔法反射装甲》(12/09/27)・《六芒星の呪縛》(12/09/27)・《閃光のイリュージョン》(13/09/21)・《集団催眠》(15/01/31)
A:破壊されません。
  なお《オーバー・デッド・ライン》攻撃力がアップする効果適用され続けます。(11/08/05)
  《洗脳光線》でのコントロールは得たままになります。(11/08/05)
  モンスターフィールド上から離れた場合、《血の刻印》ライフポイントを払う効果適用されなくなります。(11/11/28)
  《デプス・アミュレット》効果発動することができます。(12/03/09)

Q:《リミット・リバース》蘇生したモンスター守備表示になった場合はどうなりますか?
A:蘇生したモンスター破壊されますが、《リミット・リバース》破壊されずフィールドに残ります。(11/08/05)

Q:このカードの効果適用中に、《リミット・リバース》《黒曜岩竜》蘇生しました。この場合はどうなりますか?
A:《黒曜岩竜》効果《リミット・リバース》効果無効になりますが、《宮廷のしきたり》の効果《リミット・リバース》破壊されません。
  《リミット・リバース》は意味の無いカードとしてフィールドに残り続けます。
  効果無効になった《リミット・リバース》《黒曜岩竜》対象にとっていませんので、《黒曜岩竜》と《宮廷のしきたり》が破壊されても残ったままです。(11/08/05)

自壊する永続罠

Q:《宮廷のしきたり》が存在する場合、これらのカード自壊しますか?
《スピリットの誘い》(14/08/01)・《一族の掟》(12/06/28)・《王宮の勅命》(12/06/28)・《銀幕の鏡壁》(12/06/28)・《スクリーン・オブ・レッド》(12/06/28)・《破邪の刻印》(12/06/28)・《ファイヤー・ウォール》(12/06/28)・《モンスターBOX》(12/06/28)
A:これらのカードの自身を破壊する効果は"維持コスト"である為《宮廷のしきたり》が存在する場合であっても破壊されます。

その他

Q:このカードの効果適用中に、《マジカルシルクハット》によりこのカードセットできますか?
A:セットできます。(14/09/24)

Q:このカードの効果適用中に、《マジカルシルクハット》により永続罠セットした場合どうなりますか?
A:それらは、戦闘効果破壊されます。(11/08/05)

Q:複数枚セットされたこのカード《旧神の印》で同時に表側表示になった場合、自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できないルールは適用されますか?
A:《旧神の印》効果によってめくったカードの処理は行われないため、そのまま元に戻します。(11/08/05)

Q:このカードが存在する場合、《銀幕の鏡壁》を維持するための2000ライフポイントを支払わないとする事は可能ですか?
A:通常通り支払わない場合は、破壊されます。(15/11/06)


Tag: 《宮廷のしきたり》 永続罠

広告