()兎馬(とば)

効果モンスター
星5/風属性/獣族/攻2000/守1800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):カードが存在しない縦列がある場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):このカードと同じ縦列に他のカードが置かれた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このターン、このカードの元々の攻撃力は半分になり、直接攻撃できる。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した風属性獣族上級モンスター
 カードが無い縦列に特殊召喚できる召喚ルール効果、同じ縦列に他のカードが配置された場合に自壊する誘発効果攻撃力を半分にして直接攻撃できる起動効果を持つ。

 (1)はカードが無い縦列に特殊召喚できる効果
 相手フィールド5列全てにカードが存在さえしなければ特殊召喚条件が相手から封じられる事は無い。
 こちらが召喚したり、伏せカードを出す列を相手カードと同じに置くようにすれば特殊召喚しやすい。
 他にモンスターが存在していても特殊召喚できるというのは《太陽風帆船》などにはない利点であり、それらと併用しランク5を狙うことも可能。
 ただ、《スケープ・ゴート》などトークンを大量生成するカードを使われると封じられる可能性はある。

 (2)は同じ縦列に他のカードが配置された場合に自壊する効果
 魔法・罠カードセットでも自壊する他、フリーチェーントークンを生成するカードなどを相手が使ってきた場合など、特殊召喚したターンでも自壊する可能性がある。
 なにもなくても次のターン破壊される可能性は高いので、素早くシンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚の素材などにするのが良い。
 このカードと同じ縦列に魔法・罠カードセットする事で能動的に自壊して機皇帝《森の番人グリーン・バブーン》特殊召喚に利用するなどのコンボに繋げることもできる。
 手間は掛かるがこのカードエクストラモンスターゾーンのある縦列に置き、そのエクストラモンスターゾーンモンスター特殊召喚する手もある。
 特に自身の方法で特殊召喚した後、同じ縦列にカードを置けば、召喚権を使わず実質的なディスアドバンテージはこのカードのみで自壊できる。
 なお、「同じ縦列にカードが置かれた場合に発動する」ので、既にカードがある縦列に召喚あるいは他のカード効果特殊召喚したとしても自壊しない。

 (3)は攻撃力を半分にして直接攻撃できる効果
 そのまま使ってもダメージは1000と少なくはないので引導火力にできる状況なら使ってもいいだろう。
 下がるのは元々の攻撃力なので装備魔法などで攻撃力を上げれば引導火力にしやすい。
 自身が特殊召喚しやすいので《アームズ・ホール》との併用もよい。
 ただし、(2)の自壊デメリットで他のダイレクトアタッカーより妨害を受けやすい点とこのカードの縦列に装備カードを配置しても無意味になる。
 攻撃を通しやすくしたいのであれば《ディメンション・ガーディアン》などによる効果破壊への耐性を与えておくと良い。
 もう1体レベル5が用意できれば、攻撃後のメインフェイズ2に《No.61 ヴォルカザウルス》を呼び出し、あちらの効果でトドメを指すという方法もある。

 レベルモンスターの中でも、比較的緩い特殊召喚条件を持つがその分自壊しやすい。
 基本は素材に使うことをメインとし、状況に応じて直接攻撃するという運用になるが、相手の状況をよく見て出す必要がある。

  • カード名は「赤兎馬」を捩ったものと思われる。
    イラストでは文字の通り、急いでいる馬と兎が描かれている。
  • 赤兎馬とは、中国の歴史書『三国志』の呂布伝に登場する馬。
    漢王朝末期の群雄・呂布の愛馬であり、たいへんな名馬であったと記載されている。
    『三国志』を元にした物語である『三国志演義』においては「一日千里を駆ける希代の名馬」と言われており、呂布の死後も関羽の愛馬として活躍する。
  • イラストで馬の背に乗っているウサギは、兜から2本の長い耳が飛び出している。
    これは現代の創作において、「2本の長い鳥の羽根のようなものがついた兜」が呂布の基本的なイメージになっている事をモチーフとしたものだろう。
    元々は、中国の伝統演劇・京劇における呂布の衣装にこの飾りがついている事に由来する。

関連カード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:以下の方法でカードが移動した場合、(2)の効果発動しますか?

A:いずれの場合においても、自身の(2)の効果発動し、破壊されます。(18/01/14)


Tag: 《急き兎馬》 効果モンスター モンスター 星5 風属性 獣族 攻2000 守1800

広告