救急救命(きゅうきゅうきゅうめい)/Emergency Assistance》

通常魔法
メインフェイズ2でのみ発動する事ができる。
このターンにカードの効果によって破壊され墓地へ送られた
レベル4のモンスター1体を、自分の墓地から特殊召喚する。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常魔法
 効果によって破壊されたレベル4のモンスター1体を蘇生する効果を持つ。

 ノーコスト完全蘇生カードであり、通常魔法なのでドローしたターンに即座に使用可能。
 しかしメインフェイズ2でしか発動できず、そのターンカードの効果破壊されたレベルモンスターでなければならない。
 基本的にはバトルフェイズ破壊されたモンスター蘇生させるといいだろう。
 もし能動的に発動したいのであれば、《古の森》《デスカウンター》などを併用すると良いだろう。
 その性質から戦闘によるアドバンテージは稼ぎにくいため、ガジェット《E・HERO エアーマン》などのような特殊召喚時にモンスター効果の発動ができるモンスターを狙って蘇生させていきたい。
 《激流葬》《ブラック・ホール》相手モンスターもろとも破壊するのも有効。
 第9期では《炎王の孤島》等、自分モンスターを能動的に破壊できるカードが多数登場しているので、それらの効果破壊したモンスター蘇生させるのにも使えるだろう。

 【ヴォルカニック・バーン】にも採用の余地がある。
 《ヴォルカニック・ロケット》効果を狙うことができ、《クレイジー・ファイヤー》発動しても損失を抑えられ、すぐに態勢を立て直せる。
 《ヴォルカニック・エッジ》起動効果ももう一度発動できたりする。

 【スクラップ】においては、自分ターン中に自壊しやすい《スクラップ・シャーク》や、《スクラップ・オルトロス》特殊召喚時に破壊されたスクラップ蘇生させることができる。
 レベルモンスターしか蘇生できないためチューナーである《スクラップ・ゴブリン》には使えないが、その自壊しやすさゆえ採用しづらい《スクラップ・コング》メインフェイズ2で壁にすることができるのも利点。

関連カード

イラスト関連

カード名関連

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか
A:はい、対象をとる効果になります。(09/05/05)

Q:「永続魔法扱いの《宝玉獣 サファイア・ペガサス》」は、破壊された後このカード特殊召喚できますか?
A:できます。
  フィールドモンスターでなかったとしても、墓地で「レベルモンスター」「効果破壊されている」の条件を満たしていれば、特殊召喚が可能です。(09/09/09)


Tag: 《救急救命》 魔法 通常魔法

広告