巨大戦艦(きょだいせんかん) ビッグ・コアMk−III》

効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2700/守1900
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカードにカウンターを3つ置く。
(3):このカードは戦闘では破壊されない。
(4):このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動する。
このカードのカウンターを1つ取り除く。
取り除けない場合このカードを破壊する。
(5):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「巨大戦艦」モンスターを全てデッキに戻す。

 マキシマム・クライシスで登場した光属性機械族最上級モンスター
 半上級モンスターであり、巨大戦艦共通の効果の他に、自身を特殊召喚する召喚ルール効果墓地の自身をコスト墓地巨大戦艦デッキ戻す起動効果を持つ。

 (1)の効果《サイバー・ドラゴン》などと同様。
 類似効果を持つモンスターレベルが8のままで出せるものは初めてであり、ランク8のエクシーズ素材《アドバンスドロー》コストなどに使いやすい。
 ただし守備表示限定なのでそのままアタッカーにすることは難しい。

 (2)(3)(4)は巨大戦艦の共通効果だが、召喚特殊召喚の両方でカウンターが乗るため他の巨大戦艦に比べ格段に扱いやすい。

 (5)は墓地巨大戦艦を全てデッキに戻す効果で、《ボスラッシュ》のサポートとなる。
 ただしこのカード除外されてデッキに戻らないため、再び《ボスラッシュ》に参加させるには別のカードが必要になる。

 【巨大戦艦】では効果ステータス共に筆頭戦力となるカードであり、優先的にフィールドに出したい。
 また、自身の(1)の効果《巨大要塞ゼロス》効果により簡単に特殊召喚できるので、ランク8を中心とするデッキへの採用も検討できる。
 機械族サポートを共有できる【ギミック・パペット】《銀河戦士》手札コストにもなる【ギャラクシー】などが主な候補となる。

  • コナミのゲーム作品において―
    シューティングゲーム「グラディウス」シリーズに登場する、初代第2式の系統を継ぐボスキャラ。
    主な特徴は、イラストのようなカバーに設置された2つの砲門から極太のレーザーを発射して自機を間に閉じ込め、そこに二本の細いレーザーを斜めに発射し、極太レーザーに反射させる攻撃。
    前方2つのコアが破壊されると、先端中央の砲門が破壊されて反射レーザーを撃たなくなる代わりに、二連装の短いレーザーを乱射するようになる。
    初登場の「グラディウスIII」ではステージ3のボスとして登場しており、この時は反射レーザーや乱射される短いレーザーの速度が速い上に、当たり判定の影響で避けるのが困難。
    反射レーザーの発射は先端中央部とコア近くの奥からの2パターンがあるため、その回避として「うままう」などの独自の攻略法が編み出され、場合によっては自爆待ちをせざるを得なかったほどである。
    「IV」ではボスラッシュの1体として改良版が登場しており、こちらは反射レーザーの角度を変化させたり、極太レーザーを放ちつつ中央先端からレーザーを撃ってきたりする。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−III》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 機械族 攻2700 守1900 巨大戦艦

広告