巨大要塞(きょだいようさい)ゼロス/B.E.F. Zelos》

フィールド魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「ボスラッシュ」1枚を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの「巨大戦艦」モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「巨大戦艦」モンスター1体を特殊召喚する。
(4):自分フィールドに「巨大戦艦」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターに、自身の効果で使用するカウンターを1つ置く。

 マキシマム・クライシスで登場したフィールド魔法
 発動時に《ボスラッシュ》サーチできる効果巨大戦艦全体強化して耐性を与える効果手札から巨大戦艦特殊召喚する効果巨大戦艦召喚・特殊召喚に成功した場合にそのモンスターカウンター置く効果を持つ。

 発動時に(1)の効果【巨大戦艦】の核となるカードである《ボスラッシュ》サーチできる。
 このカード永続魔法《ボスラッシュ》と異なりフィールド魔法なので、《テラ・フォーミング》サーチしやすい。
 《Z−ONE》《ボスラッシュ》ともどもサルベージすることもできる。
 なお、《ボスラッシュ》発動すると通常召喚制限が発生するため、召喚権を温存すべき状況ならば敢えてすぐには発動しないという選択肢も考慮したい。

 (2)は巨大戦艦全体強化耐性付与。
 巨大戦艦自体の戦闘破壊耐性と合わせ、ステータスが高いとは言えない巨大戦艦の場持ちを良くしてくれる。
 特に対象に取られなくなる点は大きく、《ボスラッシュ》の弱点である破壊以外の除去によりリクルートが途切れる危険性を大きく軽減できる。
 なお自分カードの効果による破壊は防げないので、カウンターを失った巨大戦艦自壊は防げないものの、これは《ボスラッシュ》でカバーできる。
 一方で対象を取らない除外バウンスまではフォローできていないので過信しないようにしたい。

 (3)の効果により毎ターン手札巨大戦艦特殊召喚でき、手札事故を回避しやすい。
 このカードサーチしてきた《ボスラッシュ》発動すると通常召喚を行えなくなるが、この効果巨大戦艦を出撃させられる。
 特殊召喚なので巨大戦艦カウンターを置けない点も(4)の効果で補える。
 《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−II》《巨大戦艦 ビッグ・コアMk−III》とは最も相性が良く、カウンター4つの状態で出撃させられる。
 《ボスラッシュ》は無視し、チューナー召喚してのシンクロ召喚や、半上級モンスターと組み合わせてエクシーズ召喚の補助とするのも有効だろう。

 (4)は巨大戦艦カウンター置く効果
 召喚特殊召喚の両方に対応しているので、巨大戦艦が即座に自壊することを防げる。
 《巨大戦艦 テトラン》ならば除去効果を使うことも可能になる。
 1ターンの回数制限がないので、《ボスラッシュ》や(3)の効果などで複数の巨大戦艦を並べても全機にカウンターを置ける。

 総じて、これまでの【巨大戦艦】の弱点を穴埋めできる核となりうるカードである。
 それだけに耐性が無いこのカード自体が除去の的になりやすいので、《スキル・プリズナー》を準備するなどして守りたい。

  • コナミのゲーム作品において―
    元ネタはシューティングゲーム「グラディウス」のラストステージ「要塞ゼロス」。
    イラストは要塞内におけるビック・バイパーとバクテリアン軍との戦いをイメージしており、奥にラスボスである「マザーコンピューター」が映っている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《巨大要塞ゼロス》 魔法 フィールド魔法

広告