巨竜の守護騎士(ガーディアン・オブ・フェルグラント)/Guardian of Felgrand》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 500/守 500
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地からレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を選んで
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値の半分アップする。
(2):自分フィールドのモンスター1体とこのカードをリリースし、
自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキR−巨神竜復活−で登場した光属性戦士族下級モンスター
 最上級ドラゴン族を装備し、装備モンスター攻撃力守備力の半分だけ自己強化する誘発効果、自身を含む2体のモンスターコスト最上級ドラゴン族蘇生させる起動効果を持つ。

 《巨竜の聖騎士》とは種族属性レベルが同じであり、効果も近い。
 違いはこちらの方がステータスが低い点、(1)の効果デッキではなく墓地に対応しておりステータス強化できる点、耐性が無い点が挙げられる。
 (2)の効果についての詳しい運用方法はあちらを参照。

 (1)の効果デッキに対応していないので《巨竜の聖騎士》より範囲が狭くなりがちである。
 元々のステータスが低いため、《青眼の白龍》クラスを装備カードとした場合でも攻撃力は2000にとどまり、下級アタッカーの域を出ない。
 《巨竜の聖騎士》と違って耐性も無いので除去にも弱い。

 以上より、単純な運用では《巨竜の聖騎士》の方が優先されることになる。
 元々のステータスが低い分サーチリクルート蘇生は楽なので、こちらを採用する場合はサポートカードを活かしたい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《巨竜の守護騎士》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 戦士族 攻500 守500 ガーディアン

広告