虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻 600
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外の同じ種族・属性のモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):魔法・罠カードの効果が発動した時、
手札から天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地の儀式モンスター及び儀式魔法カードの中から、
合計2枚まで選んで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

 LINK VRAINS PACK 3で登場した光属性天使族リンクモンスター
 天使族コスト魔法・罠カード発動無効にする誘発即時効果相手によって墓地へ送られた場合に儀式モンスター儀式魔法を2枚までサルベージできる誘発効果を持つ。

 (1)は魔法・罠カードへのカウンター
 フィールド発動なので奇襲性は薄く、専ら牽制用の効果である。
 真っ先に戦闘破壊を狙われるが(2)の効果に繋げられるのでそれを誘発するようにしたい。
 もちろん逆手にとって《オネスト》で迎撃するのも一つの手である。

 (2)は相手によって墓地へ送られた場合に儀式モンスター儀式魔法サルベージする効果
 儀式召喚を手助けする効果であり、ディスアドバンテージを軽減してくれる。
 相手によってという条件が厄介であるため、多少の戦闘ダメージを覚悟してでも自爆特攻で満たすのがいいか。

 リンク素材縛りだけなら種族属性がある程度統一されたデッキ全般で可能だが、効果も踏まえると採用先は限定される。
 基本的には(1)が容易に使える属性が偏った【天使族】が第一候補となるだろう。
 【サイバー・エンジェル】【神光の宣告者】等は(1)のみならず(2)も狙えるので特に相性が良い。

 種族属性がある程度揃っている【儀式召喚】系統でも(2)のサポート目当てで採用を考えられる。
 儀式召喚サポートとなる《マンジュ・ゴッド》なども採用した場合、(1)の効果を使える場合もある。
 【ネフティス】【ヴェンデット】【メガリス】等が候補となる。
 ばらけている場合でも《終末の騎士》《D−HERO ディアボリックガイ》墓地へ送ったり《ネオスペース・コネクター》《E・HERO ネオス》リクルートしても可能である。
 上記に挙げたモンスターはいずれも高レベルなので手札に来ても儀式召喚リリースに充てやすい。
 しかし、サルベージなので、【儀式召喚】においてはサーチを行って次の儀式召喚に必要なパーツを集める方が使い勝手が良い。
 また、除外バウンスで対処される可能性も高く、能動的に使うには自爆特攻が必要になる点で使い勝手が悪い。
 儀式召喚サポートとしては《虹光の宣告者》の方が使い勝手が幾分か良いと言える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《虚光の宣告者》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 天使族 攻600

広告