虚無(きょむ)波動(はどう)/Wave-Motion Inferno》

永続魔法
自分の手札が0枚の場合、
自分フィールド上に表側表示で存在する
「インフェルニティ」と名のついた全てのモンスターの
攻撃力・守備力は400ポイントアップする。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、
自分の手札を全て墓地へ送る。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した永続魔法
 インフェルニティ全体強化と、墓地へ送る事で自分をハンドレスにする効果を持つ。

 ハンドレスの状態にできるならば前半の効果を使い、そうでないなら後半の効果を使うことになるだろう。
 前半の効果は、「手札が0枚の場合」という条件付きにもかかわらず、上昇値は400ポイントと高くはない。
 また、シンクロ召喚を積極的に行う場合は、インフェルニティモンスターが場にいないことも多く、意味のない効果になりやすい。
 しかしながら、《ライオウ》等のシンクロ召喚を妨害してくるようなモンスターに対しては、有効に働く場合もある。

 後半の効果は、手札の枚数に関係なくハンドレスの状態まで持っていくことができるので、インフェルニティモンスター効果発動サポートになる。
 このカードに加えて全ての手札も失うが、インフェルニティモンスター墓地に存在した方が良いカードも多いため、それらを墓地へ送る目的で使用できる。
 実戦では、この効果で生じたディスアドバンテージインフェルニティ効果で取り返すことになる。
 一時的にハンドレスにする《ハンドレス・フェイク》とは一長一短である。

 以上のように、どちらの効果【インフェルニティ】で活用できるものだが、強化手札捨てる効果を持つ《暗黒界の門》でも代用は可能。
 暗黒界サポートカードでもあるが、インフェルニティには悪魔族が多いため、【インフェルニティ】とも相性は良い。
 ただし、あちらは強化値が低かったり墓地に置ける枚数で劣る場合もあって、必ずしも使いやすいわけではない。
 それ以外でも、こちらは相手モンスター強化しないことや、複数枚引いても同時にフィールドに置ける点で勝る。
 あちらは【暗黒界】との混合デッキにするなど、特殊な【インフェルニティ】で使うことになるだろう。
 また、他にも手札墓地へ送る事ができる永続魔法には《ワンダー・バルーン》が存在しており、あちらは捨てる手札の枚数を任意で決める事ができるほか、インフェルニティ以外のモンスター戦闘も補助することができる。

  • 「Inferno(インフェルノ)」は地獄や大火、及びそれに準ずる惨状が「ある」のを指す言葉で、むしろ反対と言ってもいい「虚無(Void)」と訳されるのは非常に珍しい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《虚無の波動》 魔法 永続魔法

広告