虚無を呼ぶ呪文(ヴァニティー・コール)/Vanity's Call》

カウンター罠
チェーン4以降にライフポイントを半分払って発動できる。
このカードの発動時に積まれていたチェーン上の全てのカードの発動を無効にし、
破壊する。

 CYBERDARK IMPACTで登場したカウンター罠
 チェーンに積まれた効果モンスター魔法カード罠カードの全てを無効にする。

 チェーンカードの一枚であり、チェーン4以降に発動できる。
 魔法・罠カード効果モンスターの全てに対応し、チェーン上の全てのカード無効にし破壊できるので、このカード1枚で複数のカード破壊できる。
 しかし発動条件が厳しく、相手【チェーンバーン】でも無ければ相手カードだけで発動条件を満たすのはほぼ不可能。
 能動的に発動するにはこちらもチェーンを積む必要があるが、損害がより大きくなってしまう。
 大量にチェーンが発生するデッキは珍しくないが、チェーン3まで発生するのは必ずしも多くはないため、刺さるかどうかはデッキに依る所が多いのが難点。
 また、払うライフコストも決して少なくない。

 【チェーンバーン】【コアガジェット】等の次々とチェーンを組むギミックを搭載したデッキメタとなる。
 一度決めたら相手が態勢を立て直す前に速やかに勝負を決してしまいたい。
 ただし、【チェーンバーン】に対しては有効な《レインボー・ライフ》が存在し、サイドデッキに忍ばせておく意義も薄い。

関連カード

―《虚無を呼ぶ呪文》が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:相手の場に、《血の代償》が既に表側表示で存在しています。
  相手がこの《血の代償》効果発動し、それにさらに《血の代償》を2回チェーンさせました。
  このとき、《虚無を呼ぶ呪文》を発動できますか?
A:はい、できます。

Q:上記の例のとき、《冥王竜ヴァンダルギオン》特殊召喚できますか?
A:可能です。(08/06/15)

Q:一つのチェーンブロック内に魔法モンスター効果の中で2種類以上が存在してそれらが《虚無を呼ぶ呪文》によって全部無効化された場合、《冥王竜ヴァンダルギオン》特殊召喚することはできますか?
  可能な場合、二つ・三つの中でどの効果発動しますか?
  いくつかの効果発動したら、どんな順序で発動しますか?
A:このカードの効果によって複数の相手カードの発動無効にした際に、《冥王竜ヴァンダルギオン》効果によって特殊召喚する事ができます。
  また、その場合特殊召喚された《冥王竜ヴァンダルギオン》効果は1回のみ発動し、3種類全て無効にした場合、一連の効果処理で『●魔法:』『●:』『●効果モンスター:』の処理を全て行います。(14/10/23)

Q:また、自分コントロールするカードも同時に無効化した場合、《冥王竜ヴァンダルギオン》はそのカードの種類による効果発動することができますか?
  例:「チェーン1・相手《収縮》チェーン2・自分《ホルスの黒炎竜 LV8》チェーン3・相手《天罰》チェーン4・自分の《虚無を呼ぶ呪文》」
A:はい、その場合無効にした相手コントロールするカードに応じた効果処理のみ行います。
  例の場合、このカード効果の一連の効果処理で『●魔法:』『●:』の処理を行います。(14/10/23)

Q:一つのチェーンブロック内に相手罠カード等の同じ種類のカードを3枚発動してその発動をこのカードの効果無効にして《冥王竜ヴァンダルギオン》特殊召喚した場合、《冥王竜ヴァンダルギオン》効果は複数回発動しますか?
A:いいえ、その場合は発動するのは1回のみになり、その効果処理を行なう回数も1回だけになります。(14/10/23)


Tag: 《虚無を呼ぶ呪文》 カウンター罠

広告