競闘(きょうとう)−クロス・ディメンション》

通常罠
(1):自分フィールドの「アンティーク・ギア」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
この効果で除外したモンスターは次のスタンバイフェイズにフィールドに戻り、
その攻撃力はそのターンの終了時まで元々の攻撃力の倍になる。
(2):自分フィールドの、「古代の機械巨人」または
「古代の機械巨人−アルティメット・パウンド」が戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した通常罠
 アンティーク・ギア1体を一定期間だけ除外攻撃力を倍にする効果と、特定のモンスター身代わり除外できる効果を持つ。

 (1)は、アンティーク・ギア一定期間だけ除外してその後攻撃力元々の攻撃力の倍の数値にする効果
 攻撃力強化する効果も付随しているが、基本的にサクリファイス・エスケープを行う効果だと考えてよいだろう。
 特にアンティーク・ギア融合モンスター除去されると損失が大きいため、この効果で回避していきたい。
 同時にエクストラモンスターゾーンを空けることができるので、複数の融合モンスターを並べることもできるようになる。

 (2)は、《古代の機械巨人》または《古代の機械巨人−アルティメット・パウンド》身代わりとなる効果
 近年の【古代の機械】《古代の機械熱核竜》アンティーク・ギア融合モンスターアタッカーである場合が多く、《古代の機械巨人》らがフィールドに出る状況は少ない。
 《古代の機械究極巨人》効果蘇生させた場合程度だろう。
 《古代の機械巨人−アルティメット・パウンド》破壊された場合の効果があるため、この効果との相性は良くない。
 こちらの効果はほぼオマケと言えるが、この効果がある為、《古代の機械素体》サーチが可能になっている。

 アンティーク・ギアの名を持たないためキーカードである《古代の機械飛竜》サーチできないが、《古代の機械素体》効果でならサーチ可能である。

  • アニメGXでアンティーク・ギア使いだったクロノス・デ・メディチは放送4年目ではデュエルアカデミアの「教頭(きょうとう)」の地位にある。
    競闘(きょうとう)」はその点に掛けた単語だろうか。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《競闘−クロス・ディメンション》 通常罠

広告