共振虫(レゾナンス・インセクト)/Resonance Insect》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1000/守 700
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上の昆虫族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキから「共振虫」以外の昆虫族モンスター1体を墓地へ送る。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 デッキから昆虫族サーチする誘発効果デッキから昆虫族墓地へ送る誘発効果を持つ。

 (1)の効果によって緩い条件で昆虫族上級最上級モンスターサーチできる。
 タイミングを逃すことがないためシンクロ素材リンク素材リリースコストにした場合でも発動可能。

 しかし昆虫族上級モンスターは癖の強いものが多く、積極的にサーチを狙っていきたいものは少ない。
 有力なサーチ先としては《デビルドーザー》が筆頭で、それ以外では比較的汎用性の高い《プリミティブ・バタフライ》が候補になるか。
 厄介なモンスターをほぼ確実に処理できる壊獣も2体がサーチ可能なので候補としては有力。
 手札からの特殊召喚手段を確保できるならば、《究極変異態・インセクト女王》サーチできる点にも注目したい。
 他にはサーチ手段の少ない《地縛神 Uru》《マザー・スパイダー》キーカードとする【スパイダー】では重要なカードとなるだろう。

 (2)の効果除外された際に発動する昆虫族専用の《おろかな埋葬》
 この効果タイミングは逃さないため、《ジャイアントワーム》《デビルドーザー》《ライヤー・ワイヤー》等の除外コストに使用でき、更なる後続のコスト確保にも繋がる。
 最も手軽なのは《封印の黄金櫃》デッキから除外してしまう事であり、【昆虫族】系列のデッキではさながら《封印の黄金櫃》を2枚目の《おろかな埋葬》として扱えるようになる。
 墓地へ送りたい昆虫族の筆頭候補としては、《甲虫装機 ホーネット》等の甲虫装機モンスターが挙げられるが、属性が合わないため《ダーク・アームド・ドラゴン》《闇の誘惑》コストにはできず、組み合わせるにはひと工夫が必要になる。
 それ以外では、《カブトロン》《B・F−早撃ちのアルバレスト》蘇生対象を確保できる点では役に立つが、昆虫族には特別墓地に落としておきたいモンスターは少ない。

 【昆虫族】ではとりわけ《ゴキポール》との相性がよく、この効果《ゴキポール》墓地へ送ることであちらのサーチ効果発動するため、(2)の効果墓地へ送るカードの筆頭候補となる。
 このカード1枚で、レベル5以上の昆虫族レベル4の昆虫族、実質2つのサーチ効果を持つカードとして運用できるのである。
 このカード自体も《ゴキポール》効果サーチすることもできるため、相互にシナジーがある。
 また《デビルドーザー》とも相性は抜群であり、(1)の効果サーチでき、あちらの特殊召喚時の除外コストがこのカードの(2)の効果トリガーになる、と非常にシナジーが強い。
 デッキから昆虫族墓地へ送る効果は、《デビルドーザー》特殊召喚墓地コストを稼ぐことにも繋がる。
 《インフェルニティ・ビートル》等、昆虫族チューナーと共にシンクロ素材にすることで、《デビルドーザー》サーチしながら墓地コストとなる昆虫族を2体準備できる。
 《ナチュル・バタフライ》と共に《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚すれば、フィールドを一掃した後、サーチした《デビルドーザー》による直接攻撃も狙える。
 《共鳴虫》《大樹海》サーチリクルートしやすいステータスなので、積極的に効果の発動を狙っていくこともできるだろう。
 リンク召喚との相性もよく、攻撃力の低さが幸いして通常召喚《転生炎獣アルミラージ》リンク素材にすれば能動的にサーチ効果発動する事もできる。

  • 大きく膨らんだ羽の形状から、デザインの由来は鈴虫だろう。
    羽を振動させ美しい声で鳴く虫として有名な種類の一つである。

関連カード

サーチ可能なレベル5以上の昆虫族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)と(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)


Tag: 《共振虫》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻1000 守700

広告