共鳴虫(ハウリング・インセクト)/Howling Insect》

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻1200/守1300
このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、
デッキから攻撃力1500以下の昆虫族モンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
その後デッキをシャッフルする。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 リクルーターの一体であり、攻撃力1500以下の昆虫族モンスターリクルートする誘発効果を持つ。

 属性の統一が難しい【昆虫族】では、《ドラゴンフライ》以上に重要なリクルーターと言えるだろう。
 《アルティメット・インセクト LV3》特殊召喚から、《アルティメット・インセクト LV5》に繋ぐことができる。
 また、戦線を繋ぎつつ《デビルドーザー》《ライヤー・ワイヤー》のための墓地コストを稼ぐことができる。
 その他では《イナゴの軍勢》《スカラベの大群》等のサイクル・リバースモンスター特殊召喚が有効。
 次のターンで安全に効果発動し、リリースすることも可能となる。

 チューナー登場後は、各種昆虫族チューナーと非チューナーを状況に応じてリクルートすることで、シンクロ召喚にも大きく貢献するようになった。
 また《大樹海》発動している状態ならば、自爆特攻を繰り返すことでアドバンテージを稼ぐことも可能。
 数あるリクルーターの中でも、《強制転移》との相性は抜群である。

 守備表示特殊召喚可能なので、戦闘ダメージを回避しながら墓地肥やしを行うことができる。
 《ゴキポン》《ダニポン》《共振虫》リクルートし、デッキ圧縮墓地を肥やすのも有効な使い方。
 効率よく肥やした墓地の利用も期待できるため、【昆虫族】では捨てる所なく活用できる。

 地属性リクルーター《巨大ネズミ》リクルートでき、他のリクルーターへの橋渡しができる。
 《ドラゴンフライ》《XX−セイバー エマーズブレイド》《ゼンマイハニー》《月光蝶》《ナチュル・アントジョー》と該当するモンスターは豊富に存在する。
 《大樹海》で大量の手札を確保しつつ、《トラゴエディア》を展開するのも面白い。
 電子光虫とはレベルが共通し、同じ昆虫族なので併用しやすい。

 昆虫族には《人喰い虫》等のリバース効果モンスターが多く存在するが、こちらは《ゴキポン》《ダニポン》サーチしたい。

  • 共鳴という名前から、デザインは秋の夜に鳴く虫として有名なコオロギが由来と思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは羽蛾が使用。
    原作やアニメで使用していないにもかかわらず、専用ボイスが設けられている。
  • 最強カードバトル!では羽蛾が使用。
    主人公に専用ボイスが搭載されている。

関連カード

―《共鳴虫》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《共鳴虫》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻1200 守1300

広告