強欲(ごうよく)(かめ)/Jar of Greed》

通常罠
(1):自分はデッキから1枚ドローする。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した通常罠
 カードを1枚ドローする効果を持つ。

 無条件にカード1枚をドローでき、カード・アドバンテージの損失なくドローを加速しデッキ圧縮ができる。
 しかし罠カードであるため、一旦伏せて相手ターンにならなければ使えない。
 その間自分が使える手札は1枚減っているため、実際にはテンポ・アドバンテージの面で損をするカードである。
 多くのデッキではドロー加速を行いたい場合、即効性のある《成金ゴブリン》《強欲で謙虚な壺》、1枚のアドバンテージとなる《カードカー・D》などが優先される。

 主な活躍の場は【チェーンバーン】で、アドバンテージを損なわずにチェーンを積めるカードとして、《八汰烏の骸》と共にチェーンカードの補助に一役買っている。
 なお《八汰烏の骸》は単体性能ではこのカード上位互換であるが、【チェーンバーン】では「《八汰烏の骸》3枚・《強欲な瓶》0枚」のような採用枚数を取ることはまずない。
 チェーンカードには「同一チェーン上に複数回同名カードチェーンされている場合、このカード発動できない」という制約がある。
 このため、《八汰烏の骸》のみを積むのではなく、このカードを混ぜた方が効果的にチェーンを積めるのである。

  • 「強欲なびん」ではなく「強欲なかめ」であるため、宣言する際には間違えないようにしたい。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vs影丸」戦において、影丸が《神炎皇ウリア》(アニメ仕様)を蘇生させる為のコストとして手札から捨てているのが確認できる。
    自ら「《強欲な瓶》を墓地に送り」と言っていた。
    第4期においては、ペアデュエル「十代&明日香vs剣山&レイ」戦において登場。
    永続罠《パートナーチェンジ》によって明日香とペアを交替したレイが伏せ、十代が発動させている。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星が使用。
    デッキ枚数が残り僅かな時点で発動し、自殺行為かと思われたが…
    また、「遊星vsディック」戦終了後、遊星がディックのデッキを確認した際にデッキに投入されているのが確認できる。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vs真月vsギラグ」戦でギラグが使用した罠カード《デス・ハンド》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEシリーズでは【亀】デッキを使うキャラクター、瓶田武司(TF4以降はスライダー瓶田)がいつもこのカードを投入している。
    当初はただの名前繋がりのネタだったのだが、後に《瓶亀》が登場したことで【亀】とのシナジーが生まれてしまったという珍例である。

関連カード

―《強欲な瓶》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《強欲な瓶》 通常罠

広告