恐竜人(きょうりゅうじん)/Anthrosaurus》

通常モンスター
星3/地属性/恐竜族/攻1000/守 850
人型の恐竜。高い知能を持つが、あまり強くはない。

 Vol.3で登場した地属性恐竜族下級モンスター
 フレイバー・テキストにもある通りステータスが低く、強くはない。

 レベル3・地属性恐竜族通常モンスターとしても、《トラコドン》《マンモスの墓場》《ベビー・ティーレックス》の方が攻撃力は高い。
 ただし、こちらは攻撃力1000以下のメリットを持ち《ドラゴラド》《リミット・リバース》蘇生でき、《タンホイザーゲート》レベルを上げられる。
 《レスキューラビット》から2体展開し、《タンホイザーゲート》を使えば《エヴォルカイザー・ソルデ》エクシーズ召喚できる。
 《タンホイザーゲート》を使う際もう一方のモンスター《二つの口を持つ闇の支配者》でも構わない。

  • 英語名の「Anthro」は二足歩行の獣人のキャラクターを表す言葉である。
  • 1982年にカナダの古生物学者デイル・ラッセルが提唱した説に「ディノサウロイド」というものがある。
    これは恐竜が絶滅せずに進化し続けた場合、人間に近い形態を採りうるという仮説である。
    このモンスターは爬虫類に近いデザインになっているが、ディノサウロイドはより人間に近い外見を持つ生物としてイメージされている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ第2話、「城之内VS杏子」戦ではデュエルでの登場はしていないものの、城之内のデッキに投入されていたことを直後に遊戯が確認している。
  • アニメ5D's第44話では、黒い霧に襲われたサテライトのデュエリストが使用しているのが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において−
    真DM2ではフレイバー・テキストを活かしてか、恐竜族では珍しく言語を話す事ができる。
    語尾に「ノダ」を付けて喋る。

関連カード

色違いモンスター

収録パック等


Tag: 《恐竜人》 通常モンスター モンスター 星3 地属性 恐竜族 攻1000 守850

広告