狂植物(きょうしょくぶつ)氾濫(はんらん)/Raging Mad Plants》

速攻魔法
自分フィールド上の全ての植物族モンスターの攻撃力は、
エンドフェイズ時まで自分の墓地の植物族モンスターの数×300ポイントアップする。
このターンのエンドフェイズ時、自分フィールド上の植物族モンスターを全て破壊する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した速攻魔法
 墓地に存在する植物族モンスターの数に比例して攻撃力をアップさせる効果と、エンドフェイズ自壊させる効果を持つ。

 植物族版の《リミッター解除》とでも言うべき効果を備えている。
 墓地にある程度モンスターが溜まっているならば、一撃必殺のコンバットトリックとして優秀である。

 【森羅】等の植物族を大量に墓地へ送ることができるデッキならば、このカード効果を最大限に発揮できる。
 また、植物族リクルーターを活用し、1ターンで爆発的に攻撃力を高めるコンボも可能である。
 例えば《キラー・トマト》3体から《プチトマボー》へとつないで連続して自爆特攻を行うことで《トマボー》を3体並べ、このカード発動する。
 これにより墓地に少なくとも6体の植物族モンスターが存在する計算になるため、《トマボー》1体の攻撃力は最低でも3200にまで達する。
 自身もダメージを受けるものの、《ジャンク・アタック》等を併用すれば1ターンキルも夢ではない。

 このカードをトドメ以外で使う場合は、いかに自壊デメリットを回避するかを考える必要がある。
 メインフェイズ2に植物族以外のシンクロモンスターエクシーズモンスターの素材にするのが他のカードを必要とせず、安定させやすい。
 《月の書》《皆既日蝕の書》といったカード裏側守備表示にするのも良い。
 変わったところでは《DNA改造手術》植物族以外に変更するといった方法もある。
 《桜姫タレイア》モンスターゾーンに存在していれば、実質デメリット無しで使用できるため、採用を検討しても良いだろう。

 逆に、この自壊効果メリットと捉えるのもよい。
 例えば《ダンディライオン》自壊しても綿毛トークンフィールドに残し、《ボタニティ・ガール》サーチ効果発動できる。
 また、メリットという訳ではないが《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》は自身の効果攻撃後に自壊するので安心して発動でき、やや低めの攻撃力も補える。
 ただし、蘇生効果によって墓地植物族除外してしまうので、デッキの中核に据えるのは難しいか。

 《ギガプラント》《サボウ・クローザー》のようなフィールドに長期間残った方が良いモンスターとの相性は悪い。
 強力なカードではあるが、使い所や使うデッキはきちんと選びたい。

 勘違いしやすいが、エンドフェイズ時の自壊効果はこの効果攻撃力が上がったモンスターのみならず、自分フィールド上すべての植物族がその影響を受ける。
 このカード発動後、メインフェイズ2に植物族モンスター召喚する場合は注意したい。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは第10弾からアキが使用。
    アニメに一切登場していないが、専用ボイスが設けられている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップでの発動は可能ですか?
A:はい、発動可能です。(09/07/31)

Q:エンドフェイズ時に植物族を全て破壊する処理は、チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(09/07/31)

Q:エンドフェイズ時に植物族を全て破壊する処理は、1回だけですか?
  それとも、植物族が場に居る限り繰り返しますか?
A:1回だけ破壊する効果適用します。(09/07/31)

広告