狂戦士の魂(バーサーカー・ソウル)/Berserker Soul》

速攻魔法
「狂戦士の魂」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが直接攻撃で
相手に1500以下のダメージを与えた時、
手札を全て捨てて発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、
それがモンスターだった場合、そのモンスターを墓地へ送り、相手に500ダメージを与える。
その後、モンスター以外がめくられるまでこの効果を(最大で7回)繰り返す。
めくったカードがモンスター以外だった場合、そのカードをデッキの一番上に戻す。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した速攻魔法
 直接攻撃で1500以下の戦闘ダメージを与えた場合に、追加でダメージを与えていく効果を持つ。

 直接攻撃可能な効果を持つモンスターには攻撃力1500以下のものが多く、それらを用いれば比較的容易に発動条件を満たせる。
 しかし手札コストが厳しく、装備カード等に安定性で劣ってしまうのは否めない。
 一応、墓地を肥やす役割も持つが、やはり《カードガンナー》等に比べて扱い難さが目立つ。

 効果により相手ライフを最大で4000も削る事ができるが、何も考えずに使っても大きなダメージを与える事は難しい。
 モンスターカードを連続で8枚もめくるためには、【フルモンスター】のようにモンスターを多めに採用しなければならない。
 しかし、そうなると魔法・罠カードの枚数が減り、手札を伏せてコストを軽減する事が困難となる。
 また、専用のデッキを構築したとしても、この効果によって2枚目以降の《狂戦士の魂》をめくってしまう可能性があり、採用枚数の調整も難しい。
 もし、1ターンキルできない状態ならば、手札0の関係上、返しのターンでこちらのモンスターを一掃されてしまうと、挽回も難しい場合も多い。
 手札コストを考えると1枚だけ採用し、残りは全てモンスターにして確実に最大ダメージを狙う構築も悪くはない。
 1枚だけこのカードを採用した場合、《魔導雑貨商人》サーチを狙ってもいいか。
 《ダーク・ドリアード》デッキトップ4枚を確定させておくのも有効だろう。

 【フルモンスター】に近い構築にした場合、2枚目以降を引いてデッキトップに戻した場合、メインフェイズ2に《リチュア・ディバイナー》などで手札に加えてしまえば次のターンにまた使用できるようになる。
 ただ、直接攻撃可能なモンスターとこのカード手札に加えるモンスターの2体を揃える必要があり、厳しいか。

 【フルモンスター】以外で採用する場合、終盤でデッキモンスター比率が上がるデッキと組み合わせるべきだろう。
 墓地モンスターデッキに戻す効果を多数有する【ガスタ】や、効果除外されたモンスターデッキ戻す【ネクロフェイス】等が候補か。
 下記の通り、最低でも2000ダメージは安定して叩き出せるようにしたい。
 また、【森羅】では墓地へ送られた時の効果発動できるため、相性が良い。
 《森羅の鎮神 オレイア》ならデッキトップカードを操れるのでこのカード手札に引き込みやすくしつつ、大きなダメージを狙える。
 ダイレクトアタッカーが多い【エレキ】でも発動条件が満たしやすいため相性は比較的良く、引導火力として使用できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMオリジナルエピソード「ドーマ編」の「闇遊戯vsインセクター羽蛾」戦において遊戯が使用。
    通常罠《むしばみ》によって攻撃力1500に下がった状態で直接攻撃した《魔導戦士 ブレイカー》に対して、手札を全て捨てて発動した。
    悪意に満ちた羽蛾の挑発を受けて怒りに燃えていた遊戯は、2回目の追撃で羽蛾のライフを0にした後も攻撃の手を緩めなかった。
    効果により8枚連続でモンスターカードを引くも、杏子が止めに入ったことにより連続攻撃は7回で終わった。
    羽蛾のライフが0になっても怒りに任せて攻撃を続ける姿は正に狂戦士そのものであった。
  • 非常に印象的なシーンであり、当時から視聴者の間で人気が高かったが、2007年以降動画サイト等で視聴されるようになり、知名度は更に上がった。
    この人気を受けたためか、数多くのネットネタを取り扱うTAG FORCE 3でも、遊戯王GXのゲームでありながら数年前の作品である遊戯王DMに登場したこのカードが収録された程である。
    OCG化の際にはVジャンプの攻略本にて「一部で大人気のカード」と紹介されている。
  • OCGイラストでは、イラストの人物が褐色になっており、背景の赤みがアニメの物よりも強くなっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 3以降のTAG FORCEシリーズでは、OCGに先駆け以下のテキストオリジナルカードとして登場している。
    速攻魔法
    自分のバトルフェイズ時に自分フィールド上に存在する
    このターン直接攻撃を行った攻撃力1500以下のモンスター1体を選択し、
    手札を全て捨てて発動する。
    自分のデッキからカードを1枚ドローして、
    お互いに確認しモンスターカードだった場合、
    そのカードを墓地へ送り相手ライフに選択したモンスターの攻撃力分のダメージを与える。
    モンスター以外のカードをドローするまでこの効果を繰り返す。
    アニメ効果と比べると連続攻撃ではなく、バーン扱いに変更されている。
    この効果でも運が良ければ後攻1ターンキルが可能であるなど十分強力なためか、ゲーム内で禁止カードに指定されている。
    また、アニメやTCGのように相手ライフが0になってもモンスター以外を引くまで処理が続くが、こちらはアニメ通りドローなのでデッキが0になりドローできなくなると引き分けとなってしまう。
  • TFSPではOCG効果で収録されており、闇遊戯が使用する際には専用台詞が存在する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《狂戦士の魂》の効果ダメージにより相手のライフが0になりましたが、まだ《狂戦士の魂》の効果処理が終了していません。
  この場合まだデュエルは終了せず、モンスター以外をめくる、もしくは8回目の処理を行うまで、「デッキの一番上のカードをめくり〜」の処理を繰り返しますか?
A:《狂戦士の魂》の効果処理中に相手ライフポイントが0になった場合は、その時点でデュエルが終了となります。(14/08/08)

Q:《狂戦士の魂》の効果処理中にデッキが0枚になった場合、どうしますか?
A:《狂戦士の魂》の効果処理中にデッキが0枚になった場合、めくる処理が行えませんので、そこで効果は終了します。(14/05/19)

Q:最大7回繰り返す処理は同時と扱いますか?
A:デッキカードをめくる処理と、墓地へ送ってダメージを与える処理は同時ではありません。(14/08/08)

Q:《悪夢の拷問部屋》効果は、モンスターをめくった回数分発動しますか?
A:このカードで複数回ダメージを与えていても、1度だけ発動相手に与えるダメージは300となります。(14/08/08)

Q:《ファイヤークラッカー》には、モンスターをめくった回数分カウンターが置かれますか?
A:複数回ダメージを与えた場合でも、《ファイヤークラッカー》に置くカウンターは1つです。(17/02/18)

Q:《地獄の扉越し銃》発動できますか?
A:ダメージを与えるかどうかが不確定な為発動できません。
  ただし、《天変地異》によって《狂戦士の魂》のコントローラーデッキトップモンスターカードであることが判明している場合は、少なくとも500ダメージを与えることが確定している為可能です。(15/01/18)


Tag: 《狂戦士の魂》 魔法 速攻魔法

広告