極神皇(きょくしんおう)ロキ/Loki, Lord of the Aesir》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻3300/守3000
「極星霊」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のバトルフェイズ中に相手が魔法・罠カードを発動した時、
その発動を無効にし破壊する事ができる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星霊」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する罠カード1枚を選択して手札に加える事ができる。

 STORM OF RAGNAROKで登場した闇属性魔法使い族シンクロモンスター
 極神の1体であり、バトルフェイズ中に発動した魔法・罠カード無効化する誘発即時効果自己再生できる誘発効果自己再生時に罠カードサルベージする誘発効果を持つ。

 レベルが10と高く、チューナーと非チューナーの数に制約があり、シンクロ召喚が難しい部類に入る。
 極星霊チューナーは現状レベル2の《極星霊スヴァルトアールヴ》レベル5の《極星霊デックアールヴ》が存在する。
 前者は手札モンスター2体と共にシンクロ召喚できるため、展開の手間が省ける点では扱いやすく、基本的にはこちらを使う事になるだろう。
 後者を使う場合は上級モンスターである点を利用し《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースしてアドバンス召喚するなどして補いたい。
 他にレベルモンスターがいれば、レベル4・ドラゴン族通常モンスター特殊召喚することで条件が整う。

 1つ目の魔法・罠カードカウンター効果バトルフェイズ限定であり、自身以外のモンスター攻撃時にも発動できる。
 しかし、重いこのカードを出した上で他のモンスターを並べるのは難しく、採用率の高い召喚時やフリーチェーン罠カードなどにも全く対応できない。
 カウンター罠にも当然無力であり、1ターンに1度の制約から攻撃反応型やコンバットトリックが複数用意されていればチェーンして突破されてしまう。
 《オネスト》などのモンスター効果にも関与しないなど穴が多すぎるため、この効果が活きる場面は極わずかしかない。

 2つ目の効果と3つ目の効果は連動しており、自己再生をしつつ罠カードサルベージできる。
 自己再生についての基本的な使い方や裁定については極神のページを参照。
 固有効果サルベージは回収がエンドフェイズと遅く拾った罠カードの情報は相手に筒抜けとなる。
 当然自分ターンで回収した場合はセットできず、《砂塵の大竜巻》等を使用しない限り相手ターンで対策されるだろう。
 《リミッター・ブレイク》など、墓地へ送られた場合に効果発動するものを回収し手札コストなどに使って再発動を狙えばこのタイムラグはなくなる。
 手札から発動可能な罠カードを回収するのも手ではあるが、汎用性が高い《拮抗勝負》《無限泡影》カードが存在しないことを条件とするため、能動的にフィールドから離す手段もないと厳しい。

 同じシンクロ素材シンクロ召喚できる《魔王超龍 ベエルゼウス》はこのカードよりステータスが高く、破壊耐性も持つので場持ちも良い。
 上記の聖刻とのコンボも、同レベルモンスターを並べるならば、《アルティマヤ・ツィオルキン》《神樹の守護獣−牙王》という選択肢もある。
 他の極神と比較しても、効果が活かせるかが相手次第の面が強い上に攻撃力も最も低いなど、単体性能では厳しい立場に立たされている。

 ただし、シンクロ素材共々魔法使い族闇属性というサポートに恵まれた種族属性を持つため、差別化するならばこの点を活かすのが良い。
 例えば《闇次元の解放》によりコストとして除外した極星霊チューナー相手によって除外されてしまったこのカード帰還させられる。
 《ブラック・イリュージョン》戦闘破壊効果への耐性を付与するのも有効であり、効果無効化のデメリットも(皮肉な話だが)大きな欠点にはなりにくい。
 総じてこのカードを採用する場合はデッキ全体で見て種族属性のサポートを活かせる構築にする必要があると言えよう。

  • 「ロキ(Loki)」は北欧神話に登場する神で、アースガルドの神々の敵である巨人族出身でありながら、オーディンの義兄弟でもある。
    無邪気で悪知恵が働き、変身を中心とする魔法や奸智に長けている。
    いたずら好きで多くの悪事を犯していたが、自らの知恵で神々を助ける事も多かった。
    しかしラグナロクの原因を作り、神々全てを罵倒して(シンクロ召喚の口上はここから来ていると思われる)罰を受ける。
    ラグナロクでは解放されて息子のフェンリルヨルムンガルドらとヴァルハラへ侵攻したが、ヘイムダルと相打ちになった。
    北欧神話において重要な位置を占める神で、その数々の逸話などから北欧神話最大のトリックスターと呼ばれる。
  • トールとは非常に仲が良かったが、ロキが問題を起こし続けるうちに疎遠になっていった。
  • シンクロ召喚時の口上は「星界より生まれし気まぐれなる神よ、絶対の力を我らに示し世界を笑え!シンクロ召喚!光臨せよ、《極神皇ロキ》!」。
  • 《ギャラルホルン》の演出では、上記の通りロキと因縁のあったヘイムダルが登場している。
    他の極神と因縁のあるカードと同様、ハラルド自身を追い込む結果となった。
  • アニメDMでは永続罠《ローゲの焔》が登場している。
    ローゲはヴァーグナーの歌劇におけるロキの呼称である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

極神共通の自己再生効果については極神のFAQを参照。

Q:効果分類は何ですか?
A:魔法・罠カード無効化する効果誘発即時効果、被破壊時に自身を特殊召喚できる効果罠カードサルベージする効果はそれぞれ誘発効果となります。(10/11/27)

Q:罠カード手札加える効果対象をとりますか?
A:はい、自分墓地に存在する罠カード1枚を対象にとります。(10/11/27)

Q:無効効果ダメージステップ時やダメージ計算時に発動できますか?
A:はい、できます。(10/11/27)

Q:無効効果カウンター罠にも有効ですか?
A:カウンター罠発動に対してこのカードの効果発動できません。(10/11/27)

Q:無効効果に更にチェーンされたことによりこのカードフィールド上に存在しなくなった場合、無効効果適用されますか?
A:はい、その場合でも適用されます。(10/11/27)


Tag: 《極神皇ロキ》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 魔法使い族 攻3300 守3000 極神

広告