極神聖帝(きょくしんせいてい)オーディン/Odin, Father of the Aesir》

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守3500
「極星天」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
このカードはエンドフェイズ時まで魔法・罠カードの効果を受けない。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する
「極星天」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STORM OF RAGNAROKで登場した光属性天使族シンクロモンスター
 極神の1体であり、自身に効果耐性を付与する起動効果自己再生できる誘発効果自己再生時にドローできる誘発効果を持つ。

 レベルが10と高く、チューナーと非チューナーの数に制約があり、シンクロ召喚が難しい部類に入る。
 ステータスは高いものの、モンスター効果重さに見合っているかやや疑問が残る。

 1つ目の効果は、自身を魔法・罠カード効果を受けない状態にする効果
 ただ起動効果であり、自分ターンメインフェイズからターン終了時までしか持続しないので、防げる魔法・罠カードはかなり限られる。
 特殊召喚時に発動する《奈落の落とし穴》等には無力であり、フリーチェーン除去カードはこの効果チェーンして発動されてしまう。
 耐性を活かせるのは、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応系罠カードか、《光の護封剣》等のロック程度である。
 自身を魔法・罠カード強化した後に発動すれば、強化効果適用された状態で耐性を付与できるが、攻撃力4000をこれ以上強化する必要性はあまりないだろう。

 2つ目の効果と3つ目の効果は連動しており、自己再生をしつつドローできる。
 自己再生には極星天と名のついたチューナーが必要となるものの、相手による破壊であれば手段は問わず、回数制限もない。
 しかし、相手にもこの効果は筒抜けなので破壊以外の除去が使われることが多い。

 種族属性サポートカードは多く、一度シンクロ召喚に成功すれば《アテナ》等で蘇生可能の上、除外されても《奇跡の光臨》等で帰還できる。
 光属性であり《オネスト》を使用すれば、4000もの戦闘ダメージを与えられる。

  • 「オーディン(オーディーン、オージン/Odin)」は北欧神話に登場する神の一柱であり、最高神である。
    ヴァルキリー達を使役してヴァルハラ宮殿に戦死者の魂(エインヘリアル)を集めさせ、来るべきラグナロクに備えている。
    最終的には、ラグナロクではフェンリルに呑みこまれたとされている。
    • トールロキと異なり、長い白髭を蓄え、つばの広い帽子を被った、槍を持つ隻眼の神という、原典を描いた絵画等に忠実な姿で描かれている。
  • シンクロ召喚時の口上は「北辰の空にありて、全知全能を司る皇よ!今こそ、星界の神々を束ね、その威光を示せ!!シンクロ召喚!天地神明を統べよ、最高神、《極神聖帝オーディン》!」。
  • 自己再生の際には、光と共に天から降りる演出がなされた。
  • 「ハラルドの家に代々受け継がれている」というカード
    しかし、元々デュエルモンスターズには代々受け継ぐほどの歴史はないため、設定上の矛盾が生じる。
    古代エジプトの石版がカードに形を変えたように、としての力だけを形を変えて受け継いできたのかもしれない。
    前作GXや次作ZEXALには世界の始まりに1枚のカードが生まれたという設定がある事から、そういった超常的なカードの1枚ともとれる(こういった設定のおかげでシリーズ間における設定に統一感がなくなってしまっているが)。
  • 《極神聖帝オーディン》がハラルドを継承者と認める前と後では、イラストが異なっている。
    後者はOCGでのイラストと同じであるが、前者では正面を向いており、眼を閉じている。
  • デュエル召喚された際のソリッドビジョンではトールロキの何倍もあろうかという巨躯であったが、アーククレイドルにビフレストを架ける際に召喚されたときは他の2体と同サイズに縮んでいた。
  • 攻撃名が、漫画GXの「十代vsマッケンジー」戦でマックが使用した罠カード《ヘブンズ・ジャッジメント》と同じである。
  • コナミのゲーム作品において―
    このカードとの関連性はないが、遊戯王5D's Duel Transerに「オーディン」というゲームオリジナルキャラクターが登場する。
    仮面や鎧を纏った謎の人物であり、封印が解かれることでその素顔が現れる。

関連カード

イラスト関連

―《極神聖帝オーディン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

極神共通の自己再生効果については極神のFAQを参照。

Q:このカードの効果チェーンして《月の書》裏側守備表示にし、そのターンのうちにリバースした場合効果を受けない効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/11/13)

Q:《異次元からの帰還》特殊召喚魔法・罠カード効果を受けない効果発動しました。
 エンドフェイズ時、《異次元からの帰還》効果によりゲームから除外されますか?
A:このカードの魔法・罠カード効果を受けない効果が終了する処理と《異次元からの帰還》除外する処理どちらを先に処理するかプレイヤーの任意のタイミングで選択できますので、除外する事も除外しない事も可能です。(10/11/20)

Q:このカードが《収縮》《ブラック・ガーデン》等の効果攻撃力が半分になり、その後魔法・罠カード効果を受けない効果発動した場合、攻撃力は元に戻りますか?
A:いいえ、戻りません。(10/11/29)

Q:《DNA改造手術》機械族になっているこのカードが《リミッター解除》効果攻撃力が倍になり、その後魔法・罠カード効果を受けない効果発動した場合、攻撃力は元に戻りますか?また、エンドフェイズ時に破壊される効果無効になりますか?
A:いいえ、その場合でも攻撃力は元に戻らず、エンドフェイズ時に破壊されます。(10/12/30)

Q:このカードが《ワンダー・クローバー》《ダブルアタック》効果を受け2回攻撃できる状態の時に、魔法・罠カード効果を受けない効果発動した場合、2回攻撃できますか?
A:はい、その場合でも2回攻撃を行うことができます。(10/12/30)

Q:相手墓地に存在するこのカードを《賢者の聖杯》効果特殊召喚し、その後魔法・罠カード効果を受けない効果発動した場合、このカードリリースシンクロ素材にしたり攻撃することはできますか?また、エンドフェイズ時にコントロールはどうなりますか?
A:その場合でもリリースシンクロ素材にしたり攻撃することはできず、エンドフェイズ時に相手コントロールが移ります。(10/12/30)

Q:《早すぎた埋葬》《リビングデッドの呼び声》効果墓地からこのカード特殊召喚しました。このカード効果を発動した事で《早すぎた埋葬》《リビングデッドの呼び声》が破壊された場合、このカード破壊されますか?
A:《早すぎた埋葬》《リビングデッドの呼び声》破壊された場合はこのカード効果を受けないので、フィールドに残ります。(11/05/01)


Tag: 《極神聖帝オーディン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 天使族 攻4000 守3500 極神

広告