極星邪龍(きょくせいじゃりゅう)ヨルムンガンド/Jormungardr the Nordic Serpent》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
フィールドに「極神」モンスターが存在する場合に
手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(1):フィールドに「極神」モンスターが存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
表側守備表示のこのカードが表側攻撃表示になった場合に発動する。
自分は3000ダメージを受ける。

 EXTRA PACK 2015で登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 極神が存在する場合に相手フィールド特殊召喚する召喚条件極神が存在しない場合自壊する永続効果表側守備表示から表側攻撃表示になった時にコントローラーダメージを受ける誘発効果を持つ。

 守備表示から攻撃表示になった時にコントローラーが大ダメージを受ける効果を持つ。
 基本的に《極星邪狼フェンリル》《重力解除》などで攻撃表示にし、バーンダメージを与えるコンボが前提のカードとなる。
 《極星獣タングニョースト》と相性の良い《重力解除》《最終突撃命令》を利用できる点は悪くない。

 だが、極神が存在しないと特殊召喚も維持もできない点が評価を下げる。
 複数枚のカードを使ってこのカードバーンを成立させるくらいならば、極神による戦闘ダメージを狙ったほうが良い。
 また、バーンは一度しか行えず、その後は攻撃力3000のモンスター相手に居座ることになるため、デメリットは大きい。
 レベル8とシンクロ素材エクシーズ素材に使いやすいレベルでもあり、相手に渡すリスクは非常に高い。
 【極星】でもあえて採用する意義は低い。

  • 元ネタについては《ヨルムンガルド》を参照。
    なお、「ヨルムンガ“ル”ド」ではなく、「ヨルムンガ“ン”ド」である。
    どちらの表記も間違いではなく、むしろ「ヨルムンガンド」の表記のほうがよく見られる。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 6では、OCG化に先駆け、以下の効果オリジナルカードとして収録されている。
    効果モンスター
    星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
    このカードは通常召喚できない。
    このカードは手札から相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。
    このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。
    このカードが守備表示から表側攻撃表示になった時、自分は3000ポイントのダメージを受ける。
    このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、リリースできず、シンクロ素材にもできない。
    OCGと違い、自壊や回数制限もなく、リリースシンクロ素材の対策もされているため、汎用性は高くなっている。
    また、OCGイラストは尻尾の辺りが∞の形になっているが、ゲーム内でのイラストはなっておらず、紫色が強い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《極星邪龍ヨルムンガンド》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守3000 極星

広告