極星邪狼(きょくせいじゃろう)フェンリル/Fenrir the Nordic Wolf》

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/獣族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分メインフェイズ2に、フィールドに「極神」モンスターが存在する場合に
手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(1):フィールドに「極神」モンスターが存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):自分バトルフェイズ開始時に発動する。
自分フィールドの守備表示モンスターを全て表側攻撃表示にする。
(3):このカードの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。

 EXTRA PACK 2015で登場した闇属性獣族特殊召喚モンスター
 極神が存在する場合に相手フィールド特殊召喚する召喚条件極神が存在しない場合自壊する永続効果表示形式を変更させる誘発効果お互いプレイヤー戦闘ダメージを受ける永続効果を持つ。

 極神が存在しないと特殊召喚も維持もできない。
 極神の維持に利用できる《神縛りの塚》を併用すれば一応このカード自壊はしなくなる。

 (2)はバトルフェイズ開始時に攻撃表示への変更を強制する効果
 《極星邪龍ヨルムンガンド》とこのカード相手フィールドに並べる事で、《極星邪龍ヨルムンガンド》攻撃表示にしてバーンを行うコンボが可能。
 しかし、そのためにわざわざ攻撃力4000のこのカード送りつけるのはデメリットの方が大きく、リンク素材などにされてしまう可能性が高い。
 バトルフェイズに入るかどうかは相手が任意で決められるため、《重力解除》《エネミーコントローラー》を使った方が確実に攻撃表示にできる。

 (3)はこのカード戦闘ダメージを与える場合、それを相手にも与える効果
 送りつけたこのカードによる攻撃を躊躇わせることは狙える。
 守備表示のこのカード自爆特攻させれば、発生した戦闘ダメージ相手にとどめを刺せる可能性はある。

 総じて使いにくさが目立ち、【極星】でもあえて採用する意義は見出し難いカードである。
 送りつけた後、《洗脳解除》で奪い返す手もあるが、そこまでするのなら壊獣を使う方が楽。

 注目すべきは、メインデッキに投入できる獣族としては最大の攻撃力を持つ点である。
 《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》融合素材にすれば、実に4000のバーンダメージを発生させられる。
 ただしフィールドに出すのが非常に難しいため、《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の固有召喚条件は使えない。
 《神の桎梏グレイプニル》サーチできる事から手札融合もしやすく、極星獣との混成デッキにすれば《融合》を持て余す事も少なくなる。
 《極星天ヴァナディース》《終末の騎士》等でデッキから墓地へ送る事もできるため、《龍の鏡》墓地融合を狙う手もあるが、やはり事故要因になりやすいため、ある程度デッキを調整したい。

  • このカードの元ネタのフェンリルはオーディンの天敵であり、皮肉にも伝承の通り、このカードが原因で結果的に自分を追い込んでしまった。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6では、OCG化に先駆け以下の効果オリジナルカードとして収録されている。
    効果モンスター
    星10/闇属性/獣族/攻4000/守4000
    このカードは通常召喚できない。
    このカードは手札からのみ相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。
    このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できず、バトルフェイズを行えない。
    フィールド上にこのカード以外の「極星」または「極神」と名のついたモンスターが
    表側表示で存在しない場合、このカードを破壊する。
    このカードの戦闘によって発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。
    お互いのスタンバイフェイズ時、自分フィールド上に存在する
    全てのモンスターの表示形式を変更する。
    OCGと比べ、自壊条件が緩くなっており、表示形式変更効果発動タイミングも早くなっている。
    なお、イラストはアニメ版と同じものだった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《青眼の白龍》自分フィールドのこのカード戦闘を行います。
  《スピリットバリア》が存在し、自分へのダメージが0となる場合、戦闘ダメージお互いどのように受けますか?
A:どちらも戦闘ダメージを受けません。(17/02/11)


Tag: 《極星邪狼フェンリル》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 獣族 攻4000 守4000 極星

広告