極星天(きょくせいてん)ミーミル/Mimir of the Nordic Ascendant》

効果モンスター
星2/闇属性/天使族/攻 600/守   0
自分フィールド上に「極星」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
自分のスタンバイフェイズ開始時に1度だけ、
手札から魔法カード1枚を墓地へ送って発動する事ができる。
墓地に存在するこのカードを特殊召喚する。

 STORM OF RAGNAROKで登場した闇属性天使族下級モンスター
 スタンバイフェイズ毎に1度、墓地から自身を特殊召喚する起動効果を持つ。

 スタンバイフェイズ毎の蘇生効果には魔法カード手札コストを要する。
 《神剣−フェニックスブレード》《おジャマジック》等は手札コストにしやすいが、いずれも【極星】とのシナジーが薄い。
 ステータスも低く、アタッカーブロッカー、いずれとしても期待できず、シンクロ素材エクシーズ素材に使用すべきだろう。
 「極星」の存在以外フィールドの状況に影響されない点は魅力だが、《黄泉ガエル》《デビルズ・サンクチュアリ》等の方が使いやすい。

 《極星天ヴァナディース》効果コストで能動的に墓地に落としやすい。
 また、《極星霊リョースアールヴ》《極星天ヴァナディース》、このカードレベル合計が10になるのでレベル調整として使えないこともない。

  • スタンバイフェイズ開始時に1度だけ」と書いてあるが、スタンバイフェイズ開始時は1ターンに1回しか存在しないため、「1度だけ」の記述は完全に蛇足である。
    むしろ、この文脈では墓地に存在する限り1度しか発動できないようにも解釈できるため、かえって混乱を招きかねない。
  • ミーミルは北欧神話のアース神族に属する神の一人。
    アース神族とヴァン神族の和睦の際、フレイヤらと交換に人質としてヴァン神族のところに派遣された。
    優れた知恵を持っていたがヴァン神族に殺害された。
    甥であるオーディンは魔法でミーミルの首が生前同様に喋れるようにした上でノルニルの泉に安置し、折に触れて彼の助言を求めた。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6では「チームラグナロク」のハラルド、ドラガン、ブレイブが使用。
    アニメには登場していないが、ハラルドには専用ボイスも用意されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(10/11/24)

Q:1度とはこのカードの効果の使用が一度までということですか?それともスタンバイフェイズ毎に1度ということですか?
A:スタンバイフェイズ毎に1度です。(10/11/13)


Tag: 《極星天ミーミル》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 天使族 攻600 守0 極星

広告