極星霊(きょくせいれい)アルヴィース/Alviss of the Nordic Alfar》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000
このカード名の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):「極星」リンクモンスターの効果でこのカードのみが除外された場合に発動できる。
レベルの合計が10になるように、「極星」モンスターを自分フィールドから1体、デッキから2体墓地へ送る。
その後、EXデッキから「極神」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分の「極神」モンスターが戦闘以外の方法で相手によって墓地へ送られた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
同名カードが自分の墓地にない「極神」モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2019で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 エクストラデッキから極神特殊召喚できる誘発効果極神墓地へ送られた場合に別の極神エクストラデッキから特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 (1)は特定条件を満たした場合に極神特殊召喚できる効果
 現状で発動条件を満たせるのは、《極星天グルヴェイグ》効果除外した場合に限られる。
 あちらの効果極星リクルートできるため、フィールド極星が必要という条件も満たせる。
 あちらのリクルートを1体のみに制限する点で相性は悪いように見えるが、極神を出すのであれば、除外枚数はこのカード1体のみで済み、さらに墓地カードを増やせる。

 レベルの合計が10になる組み合わせについてはチューナーかどうかは問われないため、チューナー3枚を墓地へ送ることもできる。
 加えてデッキ圧縮墓地アドバンテージに繋げられる利点がある。
 《極星天グルヴェイグ》自体のリンク召喚は非常に容易なため、専用サポートとはいえ、腐る心配はないだろう。
 2枚目のこのカード墓地へ送ることで(2)の効果にもつながる。

 ただし、この効果シンクロ召喚扱いではないので、特殊召喚した極神自己再生できない。
 既にシンクロ召喚している極神がいない場合では墓地を肥やす意味が薄い。

 (2)も極神特殊召喚する効果
 墓地へ送られた場合に別の極神を出せ、戦線を維持することができる。
 これにより、(1)の効果で出した極神自己再生できないデメリットを補える。
 しかし、自己再生ではないため、こちらは《極星天グルヴェイグ》リンク先を埋めてしまう。
 別の極神である必要があるために、エクストラデッキの圧迫や、最適な効果を選択できない可能性も存在し、扱いづらさが目立つ。

 シンクロ召喚されている極神破壊され墓地へ送られた場合に(2)の効果を使うと、この効果とその自己再生を合わせて2体の極神が並ぶ。
 とはいえ、そうするためには(1)を利用せず正規のシンクロ召喚を行っておく必要があり、構築段階で役割の判断が求められる。

  • アルヴィス(Alviss)とは、北欧神話に登場するドヴェルグの名前。
    神々のために様々な武器を作成し、その見返りとしてトールに娘のスルードを要求した。
    しかしトールはその要求に応じるふりをしてアルヴィスの知恵を利用して質問を続け、やがて朝になり朝日を浴びたアルヴィスは石になってしまったという。
  • 上述した通り、このカード《極星天グルヴェイグ》とのコンボを意図してデザインされている。
    元々のTCGでは両者の発売時期は2週間(アメリカでは1週間)のズレしかないため問題なかったのだが、OCGでは登場に10か月もの差が生じてしまった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《極星霊アルヴィース》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1500 守1000 極星

広告