(きん)じられた聖衣(せいい)/Forbidden Dress》

速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時までそのモンスターは、攻撃力が600ダウンし、
効果の対象にならず、効果では破壊されない。

 ABYSS RISINGで登場した速攻魔法
 1ターンの間、攻撃力を下げる代わりに、《安全地帯》のような耐性を付与する。

 《安全地帯》と比較すると、こちらは1ターンしか効果がない代わりに速攻魔法であり、あらかじめ伏せていない状況からでもモンスターを守れる。
 《鳥銃士カステル》など《安全地帯》側も狙えるような除去にも汎く対応でき、ダメージステップに利用できるため《スノーマンイーター》《ライトロード・ハンター ライコウ》等の効果にも手札から対処できる。
 一方で、戦闘破壊されやすくなるため、破壊効果を備えるアタッカーフィニッシャーには弱い。
 罠カードであり、1度きりだが戦闘破壊も防げ、攻撃力を上げられる《幻影翼》も存在する。
 他にも、これらを除去できる《我が身を盾に》等も存在し、環境や守るべきモンスターにあわせ選択したい。

 コンバットトリックに使用でき、《激流葬》《ブラック・ホール》などから守ることができる点は《禁じられた聖槍》と共通する。
 こちらは対象をとる(指定する)効果への耐性も得られるが、これらに対してはチェーン発動しても防ぐ事はできず、ターン中のみなので効力はあまり大きくない。
 モンスター効果に限れば、展開時やトリガーとなる他の効果に対して先んじての発動が行いやすいが、上述の通り戦闘破壊されやすくなるため、ある程度状況を選ぶ。
 当然ながら魔法・罠カード全般への防御力はあちらが勝り、《安全地帯》《エフェクト・ヴェーラー》など、範囲こそ違えど防御という用途において競合となるカードは多い。

 悪く言えば中途半端なカードではあるが、効果による破壊を多用する【暗黒界】【水精鱗】【E・HEROビート】などに対しては、即効性もあわさり広範囲をカバーできる有効な防御手段となる。
 特に墓地発動する破壊効果に、素早く対応できるのはこのカードならではの利点と言える。
 ステータスの減少値が小さい分、コンバットトリックには使いにくい面もあるが、逆に言えば自身に適用した場合のリスクも小さい。
 最上級モンスターの目安となりやすい攻撃力2500以上のものならば、適用後も戦闘破壊されにくいので使いやすい。
 その中でも《ヴェルズ・オピオン》上級モンスターを防ぎつつ、《侵略の汎発感染》《強制脱出装置》などにも対応できるので相性が良い。

 このほか自分カード効果による破壊に対しても耐性を付与できる。
 魔法・罠カードであれば《禁じられた聖槍》で十分だが、こちらはモンスター効果に対して有効なので、《ブラック・ローズ・ドラゴン》全体除去時に自身のみを残すといったコンボが可能である。
 その他にも、自壊効果を持つモンスターに使用し、維持させる事も可能。
 自壊効果のタイミングが毎エンドフェイズであったり、常に参照し続けるものが多いため安定しているとは言えないが、Sinなどはフィニッシャーとなりうる攻撃力を持つため、本来の相手による破壊耐性と同時に狙えるため悪くない選択肢である。
 なお、効果による自壊しか防げないので、コアキメイルの維持は不可能である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《強制脱出装置》チェーンし、《強制脱出装置》対象となったモンスター対象にこのカード発動した場合どうなりますか?
A:既に対象となっている場合、それには干渉できず破壊でもないためそのモンスター手札に戻ります。(12/07/21)

Q:効果解決時対象に選択したモンスター《月の書》効果裏側表示になった場合、このカード効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/08/08)

Q:このカード効果適用されたモンスター《皆既日蝕の書》の効果で裏側表示になった場合でも、このカード効果適用され続けますか?
A:いいえ、適用されなくなります。(12/08/08)

Q:攻撃力600未満のモンスターを選択した場合でも対象にならず、カードの効果では破壊されない効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/08/11)

Q:攻撃力が0のモンスターを選択した場合でも対象にならず、カードの効果では破壊されない効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/08/11)


Tag: 《禁じられた聖衣》 魔法 速攻魔法

広告