緊急儀式術(きんきゅうぎしきじゅつ)/Urgent Ritual Art》

通常罠
(1):自分フィールドに儀式モンスターが存在しない場合、
自分の手札・墓地から儀式魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードの効果は、その儀式魔法カード発動時の儀式召喚する効果と同じになる。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した通常罠
 儀式魔法除外し、その効果による儀式召喚を行う効果を持つ。

 手札墓地にある儀式魔法コピーできる。
 だがそれ以外の効果を持たず、あくまでコピーのため本来儀式召喚に必要なカード一式は全て用意してある必要がある。
 よって、基本的にこのカードの役割は、自分メインフェイズ以外で儀式魔法発動する権利を得るものと言える。

 手札にある儀式魔法ならばそのまま自分のメインフェイズに使い攻め込めばよく、あえて他タイミングで出したいケースは限定される。
 墓地にある儀式魔法ならば疑似的に再利用を兼ねるが、こちらも《儀式の準備》を利用して直接サルベージをしたほうが効率が良い。
 また、儀式魔法の中には墓地から自身を除外して追加効果を使えるカードが増えており、このカードコストとは兼ね合いが難しい。
 このカードを使うのであれば、相手ターンでも儀式召喚が狙える罠カードの性質を上手く利用したい。

 《sophiaの影霊衣》《破滅の魔王ガーランドルフ》等が持つ儀式召喚に成功したときの効果相手ターン発動すれば、相手の思惑を外すことができる。
 儀式モンスターが主軸で豊富なデッキであれば、サクリファイス・エスケープでの活用や、バトルフェイズの追撃に使え、場面は大きく増える。
 とはいえ、カード1枚を消費してできることが機会の確保のみではアドバンテージ面の損失は拭えず、使いこなしが問われるカードであり、採用はよく吟味したい。

 これらの特性から総括すると、《霊魂鳥神−彦孔雀》《霊魂鳥神−姫孔雀》は特に相性が良い。
 両者の儀式召喚に成功した時の効果を活用できるのはもちろん、エンドフェイズ手札戻るスピリットとしての欠点を補うことができる。
 リリースについても自己バウンス時に生成される霊魂鳥トークンで賄えるため、予め儀式召喚している必要はあるが消費の重さはカバーできる。
 除外する事になる《霊魂の降神》墓地発動する効果が無いのでコストとして困る場面は少なく、レベル8のために《儀式の準備》に対応しないので、【霊魂】ではこちらを採用する意義は十分にあるだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《リチュアに伝わりし禁断の秘術》除外してこのカード発動した場合、儀式召喚したモンスター攻撃力は半分になりますか?
A:儀式召喚したモンスターは、《リチュアに伝わりし禁断の秘術》効果儀式召喚した扱いとなります。
  よって、『この効果儀式召喚したモンスター攻撃力は半分になる』効果適用されます。 (15/07/31)


Tag: 《緊急儀式術》 通常罠

広告