金魚救(きんぎょすく)い》

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくる。
めくったカードが対象のモンスターと同じ属性を持つモンスターだった場合、
めくったカードを手札に加え、対象のモンスターを相手のデッキに戻す。
違った場合、めくったカードは墓地へ送られ、このカードは破壊される。

 ジャンプフェスタ リミテッドパック 2019で登場した永続罠
 相手墓地モンスター1体と自分デッキトップモンスターを参照し、同じ属性の場合にメリット、異なる属性の場合にデメリットが発生する効果を持つ。

 自分デッキトップを参照するため、確実に同じ属性モンスターをめくるには《天変地異》などとの併用が必須。
 また、相手自分が同じ属性モンスターデッキに入れている必要があり、複数の属性を併用する場合でないと使用できない可能性も高い。
 とはいえ、地属性闇属性光属性は比較的メジャーなので遭遇する可能性も高い。

 森羅との相性は良く、属性がばらけており、デッキトップの操作で当てる事が狙える。
 外れてもめくって墓地へ送るために効果を使える。

 外れた場合のデメリットはめくったカード墓地へ送ることと、このカード破壊
 《宮廷のしきたり》を併用すれば破壊されないため、墓地を肥やすメリットとなる。

  • イラストから見るにカード名は「金魚掬い」の捩りだろう。
    金魚掬いとは縁日などの屋台で見られる、水槽の金魚をポイと呼ばれる紙の網で掬う遊びで、金魚の養殖が盛んな奈良県では毎年選手権が行われている。
    デッキトップカードをポイ、相手墓地モンスターを金魚に見立ているようだ。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《金魚救い》 永続罠

広告