銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)/Galaxy-Eyes Photon Dragon》

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは自分フィールド上に存在する
攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースし、
手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップ時、
その相手モンスター1体とこのカードをゲームから除外する事ができる。
この効果で除外したモンスターは、バトルフェイズ終了時にフィールド上に戻る。
この効果でゲームから除外したモンスターがエクシーズモンスターだった場合、
このカードの攻撃力は、そのエクシーズモンスターを
ゲームから除外した時のエクシーズ素材の数×500ポイントアップする。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして特殊召喚できる召喚ルール効果戦闘相手モンスターと自身を除外してそれがエクシーズモンスターだった場合、除外から戻る時に自己強化する一連の誘発即時効果を持つ。

 数多くのサポートカードを持つ、【ギャラクシー】の主軸モンスター
 デッキからは《輝光帝ギャラクシオン》《銀河遠征》による特殊召喚《銀河の魔導師》によるサーチが可能。
 手札からは《銀河戦士》《トレード・イン》墓地に落とす事ができ、墓地からは《銀河騎士》《銀河眼の雲篭》《銀河零式》蘇生できる。
 攻撃力3000の戦闘要員としてのみならず、ランク8のエクシーズ素材としても有用であり、デッキの軸として大いに活躍する。

 自身を特殊召喚する召喚ルール効果を持つが、リリースするモンスターの条件が厳しくディスアドバンテージも大きくなる。
 上記の通り他の特殊召喚方法も豊富なので、この方法での特殊召喚を狙うのは1枚で召喚条件を満たせる《フォトン・サンクチュアリ》を使う時くらいでよい。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《ミンゲイドラゴン》などのサポートも受けられるので、【ギャラクシー】以外では重量級モンスターを多用するタイプの【ドラゴン族】でも採用を検討できるだろう。

 自身と相手モンスター除外して戦闘を回避できる効果を持ち、これを無効にしない限り戦闘破壊されることはない。
 これにより《A・O・J カタストル》《N・グラン・モール》等、戦闘時の除去を回避したり、《オネスト》を使われる可能性がある時に光属性との戦闘を避けられる。
 ステータスが変化したモンスター装備カードを装備したモンスター除外する事でリセットできる。
 また、エクシーズモンスター除外した場合はエクシーズ素材を失わせ、更に自身の攻撃力強化できる。
 戦闘効果に強い耐性を持つ《ガチガチガンテツ》《発条機雷ゼンマイン》《No.101 S・H・Ark Knight》《No.39 希望皇ホープ》らには特に有効。
 なお上昇した攻撃力は再度除外するとリセットされる。

 さらに相手除外する事ではなく、自身を除外する事による利点にも注目したい。
 相手モンスター戦闘を行う場合であれば自身を除外して戦闘を回避できるため、《次元幽閉》等の攻撃反応型カードを不発にできる。
 同様に《リビングデッドの呼び声》《忍法 超変化の術》などとの関係を断ち切る事や、《聖刻龍王−アトゥムス》《銀河零式》特殊召喚して0になった攻撃力を元に戻すという使い方もできる。
 《禁じられた聖槍》の相性もよく、魔法・罠カードへの耐性を与えつつ、攻撃力がダウンしたところを戦闘破壊されずに済む。

  • このカード特殊召喚した際、赤い十字架を形取った物体(本体各所に見られる赤いパーツを組み合わせたような形状)が出現し、それをカイト自身が上空へ放り投げることでそこから姿を現す演出が取られている。
    また、《超銀河眼の光子龍》エクシーズ素材となる時、このカードだけ竜の形を表したような翼が生えた光となって空に舞い上がっていく演出がなされる事がある。
  • 「遊馬&カイトvsIII(スリー)IV(フォー)」戦からは「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」という特殊召喚時の台詞が追加された。
    シンクロ召喚およびエクシーズ召喚以外で特定の召喚台詞を持つモンスターは珍しい。
  • 「アストラルvsカイト」戦では、字幕で攻撃名が「破のフォトンストリーム」となっていた。
  • Dチーム・ゼアルの「凌牙vsカイト」、「遊馬vsカイト」、「カイトvsフュージョン・マスク」戦でも、カイトが使用。
  • アニメZEXALの「モンスター人気投票モンスター編」で1位になり壁紙が配布された。
  • Vジャンプ2011年11月号のこち亀出張版にて、両津が所持しているのが確認できる。
    だがデュエルシーンで中川に、他の両津の所持カード共々、「しょぼいカードしかない」と言われている。(デュエルでは登場しなかった)
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでカイトが使用するが、攻撃方法は劇中のように口から光線を吐くのではなく、青い光を吸収したツメで切り裂く演出となっている。
    カイトの「破滅のフォトン・ストリーム!」という攻撃ボイスも収録されているのだが、明らかに攻撃名と映像が合致していない。

関連カード

―《銀河眼の光子竜》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:自身の特殊召喚に分類はありません。(→召喚ルール効果
  「除外」・「除外から戻す」・「攻撃力強化」は、1つの誘発即時効果です。(11/07/16)

Q:特殊召喚モンスターですか?
A:いいえ、通常召喚する事ができます。(11/07/16)

Q:特殊召喚する際に裏側表示攻撃力2000以上のモンスターリリースできますか?
A:はい、できます。(11/07/18)

Q:除外する効果は、戦闘を行う相手モンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象に取ります。(11/03/24)

Q:除外したカード戻すのは特殊召喚扱いで、チェーンブロックを作りますか?
  また、除外した時の表示形式戻しますか?
A:特殊召喚扱いではなく、攻撃力強化も含めチェーンブロックは作りません。
  また、除外した時の表示形式戻します。(11/07/16)

Q:裏側表示モンスター除外した時、裏側表示のまま除外されますか?
A:はい、そうです。(11/07/16)

Q:このカード誘発即時効果の処理時にこのカード裏側表示になった場合、除外する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(11/07/28)

Q:誘発即時効果チェーンして《魔法の筒》発動され、このカード攻撃無効になった場合、除外する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(11/07/28)

Q:相手モンスター攻撃した時に相手発動した《次元幽閉》等にチェーンして、このカード誘発即時効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/07/18)

Q:このカード誘発即時効果チェーンして《サンダー・ブレイク》発動された場合、更にチェーンしてこの誘発即時効果発動できますか?
A:いいえ、同一チェーン上で複数回発動できません。(11/09/24)

Q:相手《No.39 希望皇ホープ》戦闘を行い、お互いにモンスター効果使用したい場合、どのような処理になりますか?
A:先に相手《No.39 希望皇ホープ》効果を発動する形になり、その《No.39 希望皇ホープ》効果に《銀河眼の光子竜》の効果チェーンする事ができます。
 その場合、《銀河眼の光子竜》の効果により双方を除外し、《No.39 希望皇ホープ》効果不発になります。(11/07/17)

Q:自分《フォーチュンレディ・ライティー》相手送りつけ、このカード除外しました。
  この場合、《フォーチュンレディ・ライティー》効果を使えるのはどちらのプレイヤーですか?
  また、《フォーチュンレディ・ライティー》はどちらのプレイヤー除外カードとして扱いますか?
A:その時のコントローラーである相手除外カードとして扱いますが、《フォーチュンレディ・ライティー》効果は元々の持ち主である自分使用できます。(11/07/22)

Q:自分モンスター《エネミーコントローラー》《強制転移》効果相手フィールドコントロール転移しています。
  このカードの効果でそのモンスター除外した場合、そのモンスターバトルフェイズ終了時にどちらのフィールド戻りますか?
A:その場合は、相手フィールド戻ります。
  ただし、《エネミーコントローラー》の場合は、一旦相手フィールド戻った後すぐに元々の持ち主フィールド戻ります。(11/07/28)

Q:自分の《銀河眼の光子竜》が《エネミーコントローラー》《強制転移》効果相手フィールドコントロール転移しています。
  相手がその《銀河眼の光子竜》の除外効果発動した場合、そのカードバトルフェイズ終了時にどちらのフィールド戻りますか?
A:その場合は、相手フィールド戻ります。
  ただし、《エネミーコントローラー》の場合は、一旦相手フィールド戻った後すぐに元々の持ち主フィールド戻ります。(11/07/28)

Q:除外する効果解決時にこのカード対象に選択したモンスターコントロール《TG1−EM1》効果でお互いに入れ替わった場合、除外する処理は行われますか?
A:いいえ、その場合コントロールが入れ替わったこのカード対象に選択したモンスター除外されません。(12/09/20)

Q:自身と相手モンスター除外した時、バトルフェイズ内で一方が除外ゾーンを離れた場合、もう一方はフィールド戻りますか?
A:はい、戻ります。(11/09/05)

Q:自身と相手モンスター除外する時、効果解決時に一方がフィールドに存在しなくなっていた場合、もう一方は除外しますか?
A:その場合、もう一方は除外しません。(11/07/16)

Q:このカード除外効果トークンを選択した場合、トークン除外されずに消滅しますが、バトルフェイズ終了時にこのカードフィールド戻りますか?
A:はい、その場合このカードだけがフィールド戻ります。(11/07/23)

Q:このカード除外効果罠モンスターを選択して除外した場合、どうなりますか?
A:バトルフェイズ終了時にこのカードフィールド戻ります。
  また、罠モンスターだったカード罠カードの扱いでフィールド戻り、すぐに墓地へ送られます。(11/09/08)

Q:裏側表示になっているエクシーズ素材を持つエクシーズモンスター除外した時、ルール上エクシーズモンスターかどうかを判別できませんが、自己強化効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/07/18)

Q:自分《デーモン・ソルジャー》が《銀河眼の光子竜》に攻撃して、《銀河眼の光子竜》の効果除外されました。
  フィールドに戻ってきた後、メインフェイズ2で《デーモン・ソルジャー》表示形式を変更できますか?
A:変更可能です。
  なお、《デーモン・ソルジャー》がそのターン召喚されたか、それともそれより前のターン召喚されたかは問いません。(11/12/12)

Q:《サベージ・コロシアム》適用中に攻撃し、《銀河眼の光子竜》の効果発動しました。
  戻って来た《銀河眼の光子竜》は「攻撃宣言をしていない」と見なされますか?
A:その場合戻って来た《銀河眼の光子竜》は《サベージ・コロシアム》効果によって破壊されます。(13/12/18)

Q:特殊召喚されたこのモンスター効果発動除外された後戻ってきました。
  その後《オレイカルコスの結界》発動された場合、このモンスター破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/12/07)

広告