銀河眼の煌星竜(ギャラクシーアイズ・ソルフレア・ドラゴン)

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/ドラゴン族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
攻撃力2000以上のモンスターを含む光属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):相手メインフェイズに、「フォトン」カードと「ギャラクシー」カードの2枚、
または「銀河眼の光子竜」1体を手札から捨て、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 SOUL FUSIONで登場する光属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にフォトンギャラクシーモンスターサルベージできる効果相手メインフェイズ手札コストを払って特殊召喚された相手モンスター破壊できる効果を持つ。

 【フォトン】【ギャラクシー】では攻撃力2000以上の光属性モンスターの採用率が高いためリンク素材縛りをクリアするのは難しくない。
 特に《フォトン・サンクチュアリ》ならば1枚でリンク召喚が可能となる。
 《フォトン・バニッシャー》も(2)の手札コストとなる《銀河眼の光子竜》サーチできるため非常に相性が良い。
 ただしこのカードを出せる場合は同じリンクマーカーを持ち【光属性】全般をサポートする効果を持つ《ハイパースター》も呼び出せる。
 【フォトン】【ギャラクシー】ではどちらも採用しておき状況に応じて使い分けるのが無難か。
 《フォトン・サンクチュアリ》1枚で出せるギャラクシーアイズであるため、《破滅のフォトン・ストリーム》などのサポートカード腐りにくくなるという利点もある。

 (1)はリンク召喚に成功した場合でのフォトンギャラクシーモンスターサルベージ
 1ターン目に《フォトン・サンクチュアリ》1枚でリンク召喚した場合を除けば、サルベージ対象が存在しないという事はまず起こらないだろう。
 《フォトン・オービタル》を回収すればそのまま自身に装備する事であちらのサーチ効果発動できる。
 《銀河眼の光子竜》サルベージ、またはサルベージした《フォトン・オービタル》を経由して《銀河眼の光子竜》サーチすれば(2)の手札コストも確保できる。

 (2)は相手メインフェイズ発動可能なモンスター除去
 回数制限と多少の発動タイミングと除去範囲の制限はあるものの、起動効果の妨害や大型モンスターを呼び出す前の素材の除去など用途は幅広い。
 ただし通常の手札コストでは2:1交換となるのでやや消費が大きい。
 (1)でサルベージした分をコストにあてれば1:1交換にはなるものの、狙えるならば《銀河眼の光子竜》コストにして消費を抑えたい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《銀河眼の煌星竜》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 光属性 ドラゴン族 攻2000 ギャラクシー ギャラクシーアイズ

広告