銀河戦士(ギャラクシー・ソルジャー)/Galaxy Soldier》

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2000/守   0
「銀河戦士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の光属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性機械族上級モンスター
 光属性モンスター墓地へ送ることで自身を手札から特殊召喚する起動効果と、特殊召喚に成功したギャラクシーサーチする誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、手札から光属性モンスター墓地へ送ることで、自身を手札から守備表示特殊召喚する効果
 手札1枚を消費するものの自身を特殊召喚できるので、上級モンスターでありながら簡単にフィールドに展開できる。
 表側守備表示特殊召喚される上に守備力が0なことから戦闘には向かないので、エクシーズ素材シンクロ素材にしたり、《銀河遠征》《銀河騎士》へと繋げる使い方がメインとなる。

 (2)の効果は、自身が特殊召喚された時にデッキからギャラクシーサーチする効果
 サーチ効果は回数制限があるものの、《リビングデッドの呼び声》等の特殊召喚でも自身の効果による特殊召喚でも発動できるため、扱いやすい。
 前半の自身を特殊召喚する効果とは相性が良く、特殊召喚の際に消耗した手札を補充できる。
 同名カードサーチできるので、手札光属性が続く限り毎ターン同名カードを展開できる。

 当然ながら【ギャラクシー】とは相性が良く、前半の効果手札コストを用意しやすく、サーチする後続カードにも困らない。
 手札で腐った《銀河眼の光子竜》を捨てつつ《銀河騎士》サーチし、ランク8のエクシーズ召喚に繋げるのが基本的な動きとなる。
 その後に余ったこのカードは、《聖刻神龍−エネアード》リリースにするか、《簡易融合》等でレベルモンスターを展開してランク5を並べられれば良い。
 墓地《銀河眼の光子竜》を用意できない場合、このカード《銀河の魔導師》サーチして更に《銀河遠征》サーチし、ランク5を出すのも良いだろう。

 【ギャラクシー】以外のデッキでは、光属性機械族レベル5である点から【サイバー・ドラゴン】とも相性が良い。
 《サイバー・ドラゴン》とともに、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ召喚につなげることができる。
 先攻ターン目で《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を出したい場合は、レベル変更が行える下級モンスター《サイバー・ドラゴン・ドライ》と組むとやりやすい。
 墓地発動する効果を持つ《サイバー・ドラゴン・コア》手札コストにして、《サイバー・リペア・プラント》発動条件を満たす事ができれば尚理想的である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚した時に効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/02/20)


Tag: 《銀河戦士》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 機械族 攻2000 守0 ギャラクシー

広告