銀河魔鏡士(ギャラクシー・ミラー・セイジ)/Galaxy Mirror Sage》

効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻   0/守 800
リバース:自分は自分の墓地の
「ギャラクシー」と名のついたモンスターの数×500ライフポイント回復する。
また、リバースしたこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキ・墓地から
レベル4以下の「ギャラクシー」と名のついたモンスター1体を選んで
裏側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性魔法使い族下級リバースモンスター
 墓地ギャラクシーモンスターの数に応じてライフ回復する誘発効果と、リバース後に破壊され墓地へ送られた時にリクルート蘇生を行う誘発効果を持つ。
 この誘発効果は、対象をとらない効果である。

 リバースさせる必要があるため発動は遅いが、ライフ回復と戦線の維持両方を1枚でこなす。
 戦闘破壊されてもデッキから同名カードリクルートすればさらにライフ回復が可能。
 また同名カード蘇生できるので、このカード1枚だけでも2回分のライフ回復が望める。
 《銀河の魔導師》によるサーチにも対応している。

 しかし、相手フィールド上に複数体のモンスターが並んでいる状況では、そのまま押し切られてしまうこともありえる。
 また、自分ターン中に自爆特攻して後続を特殊召喚する事ができても、裏側守備表示なのでそのターンエクシーズ召喚はできず、リリースして《銀河の魔導師》効果を使う事もできない。
 攻撃力0のためライフ回復ダメージで帳消しになりかねず、そこまでして自分ターンで出す意味はほとんどない。
 汎用性は低いが、《王宮の鉄壁》があればライフ回復も同時にこなせるため、それに魅力を感じるのなら投入してみるのも手か。
 《コトダマ》《召喚制限−猛突するモンスター》・二体目のこのカードを用意すれば無限ループを発生させて大量のライフゲインも行える。

 あるいは、《早すぎた帰還》除外された後にセットし、再び誘発効果を使うのも手かもしれない。

 利点を見出すのならば《ギャラクシー・ワーム》リクルートに対応している点だろう。
 《ギャラクシー・ワーム》を3枚採用した場合、効果の関係上3枚目の《ギャラクシー・ワーム》腐ることが起こり得るので、それを防ぐためにこのカードを採用することはあり得る。
 手札に来てしまっても上述のように一応としては機能し、状況次第では同名カード《ギャラクシー・ワーム》特殊召喚してレベルモンスターを場に残すこともできる。
 ランクデッキ【魔人】等に《ギャラクシー・ワーム》と共に採用してみるのも良いだろう。

  • アニメでは回復量は800ポイントに固定されており、特殊召喚できるのは自身のみだった。
    また、再セットは1度だけと明記されている代わりに、墓地へ送られる必要がなかった。

関連カード

ギャラクシーと名のついたレベル4以下のモンスター

収録パック等

FAQ

Q:墓地に落ちたこのカードを、自身の効果特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(14/02/16)

Q:特殊召喚する効果ダメージステップ時に発動できますか?
A:はい、できます。(14/02/17)

Q:《コトダマ》と《銀河魔鏡士》が存在しています。
  2枚目の《銀河魔鏡士》がリバースした場合、すぐ破壊されますが《銀河魔鏡士》の両方の効果を使えますか?
A:はい、使うことができます。
  この場合、強制効果であるリバースした時の誘発効果がチェーン1、任意効果である破壊された時の効果チェーン2となります。(16/02/17)


Tag: 《銀河魔鏡士》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星3 光属性 魔法使い族 攻0 守800 ギャラクシー

広告