九蛇孔雀(くじゃくじゃく)/Kujakujaku》

効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻1200/守 900
フィールド上のこのカードがリリースされ墓地へ送られた場合、
自分のデッキ・墓地から「九蛇孔雀」以外の
レベル4以下の風属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
「九蛇孔雀」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ジャンプフェスタ2013(2日目) プロモーションカードで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 自身がリリースされ墓地へ送られた場合、同名カード以外の風属性下級モンスター手札に加える誘発効果を持つ。

 発動条件は「リリースされ墓地へ送られた場合」であり、タイミングを逃すことはない。
 しかし、このカード自身は《ならず者傭兵部隊》の様に能動的にリリースできず、単体で効果発動することは不可能である。

 リリースの手段として、アドバンス召喚によるリリースでも効果発動できるが、このカードを含めた召喚権の確保を考慮する必要があり、やや手間がかかる。
 加えてサーチサルベージ対象にアドバンス召喚と相性の良いカードが少なく、効果も有効に活用しにくい。
 よって、基本的には他のカードとのコンボが主体となる。

 汎用性の高いリリースを介するカードには《エネミーコントローラー》等が存在する。
 風属性鳥獣族である点を活かすならば《スワローズ・ネスト》《ゴッドバードアタック》《風霊術−「雅」》等を使用すると良いだろう。
 BF混合型の【鳥獣族】ならば、《BF−隠れ蓑のスチーム》墓地へ送っておけばいつでも効果発動でき、デッキの潤滑油として機能するだろう。

 【霞の谷】では《スワローズ・ネスト》リリースする事でフィールド《霞の谷の祈祷師》を、手札《風の精霊 ガルーダ》を用意できる。
 《霞の谷の神風》適用下ならば即座にリクルート効果が使えるようになり、レベル4〜7のシンクロ召喚ランク3のエクシーズ召喚が可能となる。
 同様に《ダウンビート》フィールド《霞の谷の幼怪鳥》手札《ミスト・コンドル》を確保しつつ《霞の谷の神風》効果を使う準備が整う。
 【ガスタ】においては《スワローズ・ネスト》フィールド《ガスタ・ガルド》を、手札《ガスタ・グリフ》を用意することができる。

 《孵化》リリースすることもできるが、現状昆虫族鳥獣族で共有できる種族サポートは《森の聖獣 アルパカリブ》しか存在しない。
 《ドラゴンフライ》リクルートして属性サポートを共有するのが狙い目になるだろう。
 この際に《風の精霊 ガルーダ》《シルフィード》サーチすることで《電光千鳥》エクシーズ召喚できる。

関連カード

―《九蛇孔雀》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:儀式魔法リリースに使用した場合、タイミングを逃しますか?
A:いいえ、リリースの後に別の処理が入る効果チェーン2以上でリリースされた場合でも効果発動できます。(12/12/23)

Q:裏側表示の状態でリリースされた場合も効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/23)

Q:ダメージステップ中にリリースされた場合も効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/23)


Tag: 《九蛇孔雀》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 鳥獣族 攻1200 守900

広告