苦渋(くじゅう)選択(せんたく)/Painful Choice》

通常魔法(禁止カード)
自分のデッキからカードを5枚選択して相手に見せる。
相手はその中から1枚を選択する。
相手が選択したカード1枚を自分の手札に加え、
残りのカードを墓地へ捨てる。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した通常魔法
 墓地肥やしサーチを兼ねた効果を持つ。

 恐ろしく強力なサーチカードである。
 通常魔法かつノーコストという使いやすさに反して、消費なくデッキからカード交換する。
 単純なデッキ圧縮にもなるが、メインとなるのは墓地に4枚のカードサーチし、強力な墓地利用カードの発動を補佐する性質である。

 サーチカードとしては不確定に思えるが、5枚の中に同名カードを含んでも良いため、相手による選択をかなり限定できる。
 あらゆる種族属性レベルステータスを選択できる、サーチ範囲や使い勝手の良さでは、右に出るものはない。
 墓地を肥やす目的では使いづらくなるが、魔法・罠カードまでもサーチする事ができる。
 《リチュアの儀水鏡》《ジェムナイト・フュージョン》といった、墓地へ送られても活用できるものを選択してもよい。

 何よりも、このカードの真価は、後半の墓地を肥やす性質にある。
 テキストを言い換えれば、「相手は5枚中4枚を選択して墓地へ捨てなければならない」という事になる。
 こちらは、前半の1枚とは違い、同名カードを混ぜる事で狙ったカードを確実に墓地へ送る事ができる。
 墓地を肥やす事の主な使い道は、《おろかな埋葬》メリットや噛み合わせの良いカード墓地アドバンテージのページを参照。
 また、《おろかな埋葬》にない使い方としては、これ単体で《裁きの龍》召喚条件を満たしたり、《馬頭鬼》蘇生したいアンデット族セットで準備したりできる。
 もちろん、《おろかな埋葬》と違い、手札は1枚補充されるので、消費はない。
 これを阻害するには、発動自体を無効にするか、チェーンして《マクロコスモス》発動するしかない。

  • 「苦渋」とは、「苦くて渋い事」、転じて「物事がうまく進まず、苦しみ悩む事」という意味を持つ。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」における「海馬瀬人vs海馬剛三郎」戦で剛三郎が使用。
    エクゾディアパーツ5種類を選択し、瀬人(及び視聴者)を驚愕させた。
    これによって、一気にエクゾディアパーツ墓地に送り、《エクゾディア・ネクロス》を呼び出す布石を造り上げた(この際、瀬人には《封印されし者の右腕》が選ばれている)。
    この時、彼は「企業家たるもの、常に選択を迫られている。それが例え苦渋を強いられる選択であろうとな」とかつて社長だった時の経験も踏まえ発言していたが、しっかりと墓地を肥やすために使用していた。
    また、同じく乃亜編の「城之内vsビッグ3(大岡)」戦では、大岡の手札にあるのが確認できる他、名前が酷似した《苦渋の決断》なるカードが登場していた。(後にOCG化するものとは全く別物)

関連カード

─シリーズ関連

収録パック等

FAQ

Q:《ライオウ》が存在する場合、このカード発動できますか?
A:発動できません。(14/03/21)

Q:このカードの発動チェーンして《ライオウ》特殊召喚された場合、どのような処理を行いますか?
A:手札加えられるカードは代わりに墓地へ送られます。(14/09/27)

Q:手札に加える処理と残りのカード墓地へ捨てる処理は同時に行なう扱いですか?
A:はい、同時に行なう扱いです。(15/01/17)


Tag: 《苦渋の選択》 魔法 通常魔法

広告