激昂(げっこう)のムカムカ/Enraged Muka Muka》

効果モンスター
星5/地属性/岩石族/攻1200/守 600
自分の手札1枚につき、このカードの攻撃力・守備力は
それぞれ400ポイントアップする。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した地属性岩石族上級モンスター
 《ムカムカ》上位種であり、自分手札の数だけ自己強化する永続効果を持つ。

 手札枚数に応じて自己強化され、3枚で上級モンスターの基準値である攻撃力2400に達する。
 ドローソースサルベージと相性がよく、《凡骨の意地》《闇の量産工場》で高攻撃力を狙うこともできる。
 また上級モンスターでありながら元々の攻撃力が低いため、《巨大ネズミ》《カオスエンドマスター》から特殊召喚が可能。
 《カオスエンドマスター》《巨大ネズミ》からリクルートできるモンスターの中では、非常に高い攻撃力を期待できる。

 同じような効果を持つモンスターと比較した場合、まず《トラゴエディア》との対比では手札5枚まではこちらが攻撃力で勝り、6枚で同じ攻撃力3600となり、7枚を越えると追い抜かれる。
 もっとも、普通にデュエルをしていてそこまでの手札を保てる機会はほぼなく、大量のドローソースによって手札を増やしたとしても手札枚数制限があるので、手札が7枚を越える機会は少ない。
 しかも、あちらは手札2枚で攻撃力1200、3枚で1800とやや頼りないのに対し、こちらは元々の攻撃力の高さによって手札2枚で2000、3枚で2400とかなり安定している。
 その一方、《オシリスの天空竜》《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》には手札2枚で攻撃力が並ばれてしまう。
 また、《トラゴエディア》《オシリスの天空竜》《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》は他にも複数の効果を持つため、あえてこのカードを採用する意義は薄い。
 そのため、基本的には【地属性】【岩石族】におけるアタッカーとして使うなど、地属性岩石族であることを生かして上手く差別化したい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの異世界編で「ジムvs怒りの仮面」戦で怒りの仮面のデッキに確認できる。

関連カード

手札枚数に比例して自己強化するカード《ムカムカ》を参照。

収録パック等


Tag: 《激昂のムカムカ》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 岩石族 攻1200 守600

広告