月光彩雛(ムーンライト・カレイド・チック)

効果モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1400/守 800
「月光彩雛」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、デッキ・エクストラデッキから
「ムーンライト」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このターン、このカードを融合素材とする場合、
墓地へ送ったそのモンスターの同名カードとして融合素材にできる。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「融合」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):このカードが除外された場合に発動できる。
このターン、相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。

 DIMENSION BOX LIMITED EDITIONで登場した闇属性獣戦士族下級モンスター
 ムーンライト墓地へ送る事でそのターン同名カードとして融合素材にできる起動効果効果墓地へ送られた場合に《融合》サルベージできる誘発効果除外された場合にそのターンバトルフェイズ中の相手効果の発動を封印できる誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、ムーンライト専用の《融合識別》に近い効果
 参照するモンスター墓地へ送る点が異なるが、《月光舞猫姫》《月光舞豹姫》墓地へ送る事で、《月光舞豹姫》《月光舞獅子姫》融合召喚を手助けできる。
 墓地に置かれた後も《月光狼》ペンデュラム効果によって墓地融合が可能。
 メインデッキに入るムーンライト墓地に置き、《月光虎》蘇生に繋いだり、《月光紫蝶》墓地に置き特殊召喚効果に繋ぐことも可能。

 (2)の効果は、《融合》サルベージする効果
 《月光黒羊》と共に融合素材にすれば《融合》ムーンライトが同時にサルベージできるため、連続融合召喚も狙える。

 (3)の効果は、相手カード発動を封じる効果
 除外されたターンバトルフェイズ中のみという狭さが引っ掛かるものの、終盤で《バトルフェーダー》等の防御手段を封じて攻めきれる利点は大きい。
 トリガーには《月光狼》ペンデュラム効果による墓地融合が有効。
 《ファントム・オブ・カオス》も、このカード自身だけでなく、(1)の効果等で墓地へ送り《月光舞猫姫》《月光舞豹姫》もコピー対象になるため、採用を検討できるか。

  • 「カレイド」(kaleido)という英単語は本来存在しない。
    19世紀に「万華鏡」を発明したブリュースターが、古代ギリシャ語の「kal」(美しい)と「eidos」(形)に「‐scope」(〜鏡)を組み合わせて「kaleidoscope」と名付けたのが始まりである。
    これが転じて「kaleidoscope」で「千変万化するもの」という意味も持ち、更に「変幻自在の」という意味を持つ「kaleidoscopic」という派生単語も存在する。
    このカードの(1)の効果カード名を変化させるのはこれをイメージしたものだろうか。
  • 一方、「チック(chick)」は雛を意味する単語である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:メインデッキの《月光彩雛》をコスト墓地へ送ることはできますか?
A:いいえ、できません。(16/11/30)


Tag: 《月光彩雛》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 獣戦士族 攻1400 守800 ムーンライト

広告