月光小夜曲舞踊(ムーンライト・セレナード・ダンス)

永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された時、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
以下の効果を適用する。
●相手フィールドに「ムーンライト・トークン」(獣戦士族・闇・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
●対象のモンスターの攻撃力は相手フィールドのモンスターの数×500アップする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札を1枚選んで墓地へ送り、デッキから「ムーンライト」モンスター1体を特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した永続罠
 融合モンスター融合召喚に成功した場合に適用できる2つの効果手札墓地へ送りムーンライトリクルートする効果を持つ。

 (1)は、融合モンスター融合召喚に成功した場合に適用できる2つの効果

 1つ目は、相手フィールドムーンライト・トークン特殊召喚する効果
 攻撃表示ムーンライト・トークン《月光舞猫姫》《月光舞豹姫》サンドバッグにするための効果といえる。
 2つ目の効果とも噛み合っており、相手フィールドモンスターの数を水増しできる。

 2つ目は、対象融合モンスター攻撃力をアップさせる効果
 1つ目の効果トークン送りつけられるので少なくとも500の上昇が見込める。
 近年は大量のモンスターが並ぶことも珍しくないので大きな強化も期待できる。
 《月光舞猫姫》《月光舞豹姫》は2回連続全体攻撃能力を持つので、総ダメージ量も大きくなるだろう。

 (2)は、手札1枚を墓地へ送り、ムーンライトリクルートする効果
 手札効果墓地へ送るので、一部のムーンライトコンボすることで更なるアドバンテージを稼げる。

 ただ、1ターンキルに近い動きが求められる【ムーンライト】において、罠カードゆえの遅さは気になるところである。
 (2)の効果墓地へ送られたターンでも発動できるので、《月光香》《月光翠鳥》で直接墓地へ送る事も検討したい。

  • 「セレナード」(セレナーデ・小夜曲とも)とは音楽のジャンルの一つ。
    おそらくアニメで【ムーンライト】を使用していた「セレナ」とかけているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《月光小夜曲舞踊》 永続罠 ムーンライト

広告