剣闘獣(グラディアルビースト)(おり)−コロッセウム/Colosseum - Cage of the Gladiator Beasts》

フィールド魔法
モンスターがデッキからフィールド上に特殊召喚される度に、
このカードにカウンターを1つ置く。
フィールド上に表側表示で存在する「剣闘獣」と名のついたモンスターは、
このカードに乗っているカウンター1つにつき、
攻撃力と守備力が100ポイントアップする。
このカードがカードの効果によって破壊される時、
手札から「剣闘獣の檻−コロッセウム」1枚を捨てる事でこのカードは破壊されない。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場したフィールド魔法
 デッキからモンスター特殊召喚される度にカウンター置く効果剣闘獣全体強化する効果同名カード捨てることで破壊を防ぐ効果を持つ。

 剣闘獣等の効果リクルートが行われる度に全体強化値が上昇する。
 剣闘獣共通のリクルート効果ではバトルフェイズ終了時に発動するため、最初の戦闘は何の強化もない状態で行わなくてはならない。
 リクルート剣闘獣共通のリクルート効果に限られないため、《レスキューラビット》《剣闘排斥波》《スレイブパンサー》などで先にリクルートしておきカウンターを稼いでおきたい。

 破壊耐性手札同名カード身代わりにするもので、フィールド魔法サーチ手段の規制が強くなった環境では使いにくい。
 《剣闘獣エクイテ》サルベージすることで繰り返し使える可能性はある。

 剣闘獣では、《剣闘獣ウェスパシアス》が容易に500の全体強化を行える。
 こちらはリクルート5回でようやく同等でかなり遅い。
 しかし剣闘獣以外のリクルートでもカウンターが乗るため、リクルーターの連続自爆特攻などを併用すると大幅に強化できる可能性はある。

  • 元ネタは、剣闘士が戦いを繰り広げた古代ローマの円形闘技場「コロッセウム/Colosseum」だろう。
    (英語では「コロシアム/Colosseum」、イタリア語では「コロッセオ/Colosseo」と発音)
    ローマ帝国の時代、ティトウス帝の時に完成した円形闘技場の事を指す。
    剣闘士奴隷の試合などの見世物が演じられた市民への娯楽施設として作られた、ローマ文化を代表する建造物である。
    そこから転じて「コロッセオ」は「大競技場」を指す英単語にもなっている。

関連カード

―《剣闘獣の檻−コロッセウム》が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《マジック・ガードナー》カウンターによって攻撃力守備力はアップしますか?
A:いいえ、アップしません。
  カウンターは別物として扱います。(07/07/21)

Q:エクストラデッキからモンスター特殊召喚された時にカウンターを乗せる事はできますか?
A:いいえ、エクストラデッキからの特殊召喚に対してカウンターを乗せる効果発動しません。(08/10/02)

Q:カウンターを乗せる処理はチェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(15/11/15)

Q:破壊されない効果相手プレイヤーが使用することはできますか?
A:できません。(15/11/15)


Tag: 《剣闘獣の檻−コロッセウム》 魔法 フィールド魔法 剣闘獣

広告