剣闘獣(グラディアルビースト)ティゲル/Gladiator Beast Tygerius》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1800/守 800
このカードは融合素材モンスターとして使用する事はできない。
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、
手札から「剣闘獣」と名のついたカード1枚を捨てる事で、
自分のデッキから「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性獣族下級モンスター
 融合素材にできない効果外テキスト剣闘獣効果特殊召喚に成功した時に手札剣闘獣捨てる事で剣闘獣サーチできる誘発効果を持つ。

 リクルート効果を持たない上、融合素材にできないデメリットを有する異色の剣闘獣
 一応エクシーズ素材には使用できるが、属性種族上扱えるものまで他の剣闘獣に劣る。
 特殊召喚時の効果《剣闘訓練所》と被っており、これ単体ではどうにも採用の余地が無い。
 リンク素材にはできるので、採用するならば併せて《剣闘獣ドラガシス》を用意しておくといいだろう。

 《剣闘獣ガイザレス》等の効果《剣闘獣アウグストル》とこのモンスターを同時にリクルートすることでコンボが成立する。
 《剣闘獣アウグストル》チェーン1、《剣闘獣ティゲル》をチェーン2で発動すればよい。
 まず《剣闘獣ティゲル》で手札レベル剣闘獣を捨てて《剣闘獣ダリウス》サーチし、次に《剣闘獣アウグストル》効果《剣闘獣ダリウス》特殊召喚する。
 最後に《剣闘獣ダリウス》効果コストにした剣闘獣蘇生すると、墓地カードが1枚もない状態から素材3体のランクエクシーズモンスター《剣闘獣アウグストル》という盤面を作れる。
 また、《剣闘獣ティゲル》で手札から適当な剣闘獣を捨てて《剣闘獣アウグストル》Bをサーチすれば、《剣闘獣アウグストル》効果《剣闘獣アウグストル》Bが特殊召喚できる。
 《剣闘獣アウグストル》Bの効果でさらに手札から剣闘獣特殊召喚できるので、最終的に「適当な剣闘獣」《剣闘獣ティゲル》《剣闘獣アウグストル》×2という布陣となる。
 「適当な剣闘獣」と《剣闘獣ティゲル》で《剣闘獣ドラガシス》リンク召喚が、《剣闘獣アウグストル》×2で《剣闘獣総監エーディトル》特殊召喚が行える。

 もっとも、上記のコンボ以外の使い道は極端に乏しいため、無用のタイミングで手札に来てしまうと事故となる。
 このカードを採用するのであれば、《スレイブタイガー》《休息する剣闘獣》など、このカードデッキに戻す方法を確保しておきたい。

  • 「ティゲル/ティーゲル(tiger)」とはドイツ語で「トラ」のこと。
    現代ドイツ語では「ティーガー」という発音の方が一般的であるが、ノルウェー語では現在も「ティゲル」と呼ぶ。
    • 《剣闘獣ノクシウス》が登場するまでは剣闘獣の名前で唯一、剣闘士の種別でも歴史・伝説上の人物名でもなかった。
      「ティゲル」の綴りは英語の「タイガー」と全く同じだが、当の英語名は「tyger」という古風なスペリングに加え、ラテン語の男性単数名詞に用いられる語尾「-us」を合わせたような独特な名称となっている。
      単にラテン語で虎を指す場合、このような変化は起こり得ないため、ローマ皇帝であるティベリウス(Tiberius)に合わせて意図的に組み合わせたネーミングだと考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢&権現坂vsBB」戦でBBが使用した永続罠剣闘獣の雄心(ウィルトゥース・オブ・グラディアルビースト)》のイラストに描かれている。

関連カード

―《剣闘獣ティゲル》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果手札捨てる処理はコストですか?
A:はい、コストとして扱います。(11/10/05)

Q:裏側守備表示のこのカード融合素材にできますか?
A:いいえ、できません。(11/02/11) 

Q:《スキルドレイン》《剣闘獣ダリウス》蘇生し、効果無効になったこのカード融合素材にできますか?
A:いいえ、モンスター効果として扱わず無効にできず融合素材にできません。(12/10/29)

Q:《剣闘獣ベストロウリィ》とこのカードデッキに戻し、《剣闘獣ガイザレス》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。「デッキに戻して特殊召喚」となっていますが、融合素材として扱います。(11/02/11)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果によってこのカード融合素材にできますか?
A:いいえ、融合素材にできません。(13/05/01)


Tag: 《剣闘獣ティゲル》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1800 守800 剣闘獣 融合素材にできない

広告