剣闘獣(グラディアルビースト)ティゲル/Gladiator Beast Tygerius》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1800/守 800
このカードは融合素材モンスターとして使用する事はできない。
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、
手札から「剣闘獣」と名のついたカード1枚を捨てる事で、
自分のデッキから「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性獣族下級モンスター
 融合素材にできない効果外テキスト剣闘獣モンスター効果特殊召喚に成功した時に手札剣闘獣捨てる事で剣闘獣サーチできる誘発効果を持つ。

 リクルート効果を持たない上、融合素材にできないデメリットを有する異色の剣闘獣
 一応エクシーズ素材には使用できるが、属性種族の点を見ても他の剣闘獣に劣る。
 リンク素材にもできるので、採用するならば併せて《剣闘獣ドラガシス》《スレイブパンサー》を用意しておくといいだろう。

 特殊召喚時の効果《剣闘訓練所》と似ているが、手札コストが必要な代わりにレベル制限が無い。
 《剣闘獣アウグストル》に対応し、《剣闘獣ダリウス》での蘇生に繋がるという利点がある。
 《剣闘獣ガイザレス》等の効果《剣闘獣アウグストル》と同時にリクルートすれば下記の流れで剣闘獣4体を同時に並べるコンボが成立する。

  1. 《剣闘獣アウグストル》→《剣闘獣ティゲル》の順でチェーンを組む。
  2. 《剣闘獣ティゲル》で《剣闘獣ダリウス》サーチ
  3. 《剣闘獣アウグストル》《剣闘獣ダリウス》特殊召喚
  4. 《剣闘獣ダリウス》手札コストにした剣闘獣蘇生

 また、サーチ先を2枚目の《剣闘獣アウグストル》にすれば、数珠繋ぎに特殊召喚してさらに数を増やす事が可能。
 「適当な剣闘獣」と《剣闘獣ティゲル》で《剣闘獣ドラガシス》リンク召喚が、《剣闘獣アウグストル》×2で《剣闘獣総監エーディトル》特殊召喚が行える。

 もっとも、上記のコンボ以外の使い道は極端に乏しいため、手札事故の要因になりやすい。
 手札コストを利用して剣闘獣墓地へ送るという役割に関しても、デメリットの無い《剣闘獣サジタリィ》が存在するため、採用枚数はよく考える必要がある。
 このカードを採用するのであれば、《スレイブタイガー》《休息する剣闘獣》など、デッキに戻す方法を確保しておきたい。

  • 「ティゲル/ティーゲル(tiger)」とはドイツ語で「トラ」のこと。
    現代ドイツ語では「ティーガー」という発音の方が一般的であるが、ノルウェー語では現在も「ティゲル」と呼ぶ。
    • 《剣闘獣ノクシウス》が登場するまでは剣闘獣の名前で唯一、剣闘士の種別でも歴史・伝説上の人物名でもなかった。
      「ティゲル」の綴りは英語の「タイガー」と全く同じだが、当の英語名は「tyger」という古風なスペリングに加え、ラテン語の男性単数名詞に用いられる語尾「-us」を合わせたような独特な名称となっている。
      単にラテン語で虎を指す場合、このような変化は起こり得ないため、ローマ皇帝であるティベリウス(Tiberius)に合わせて意図的に組み合わせたネーミングだと考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢&権現坂vsBB」戦でBBが使用した永続罠剣闘獣の雄心(ウィルトゥース・オブ・グラディアルビースト)》のイラストに描かれている。

関連カード

―《剣闘獣ティゲル》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果手札捨てる処理はコストですか?
A:はい、コストとして扱います。(11/10/05)

Q:裏側守備表示のこのカード融合素材にできますか?
A:いいえ、できません。(11/02/11) 

Q:《スキルドレイン》《剣闘獣ダリウス》蘇生し、効果無効になったこのカード融合素材にできますか?
A:いいえ、モンスター効果として扱わず無効にできず融合素材にできません。(12/10/29)

Q:《剣闘獣ベストロウリィ》とこのカードデッキに戻し、《剣闘獣ガイザレス》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。
  「デッキに戻して特殊召喚」となっていますが、融合素材として扱います。(11/02/11)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果によってこのカード融合素材にできますか?
A:いいえ、融合素材にできません。(13/05/01)


Tag: 《剣闘獣ティゲル》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1800 守800 剣闘獣 融合素材にできない

広告