剣闘獣(グラディアルビースト)ドラガシス》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/鳥獣族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「剣闘獣」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「剣闘獣」モンスターが攻撃する場合、
そのモンスターはその戦闘では破壊されず、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードを持ち主のEXデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター2体を特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 LINK VRAINS PACKで登場する風属性鳥獣族リンクモンスター
 剣闘獣攻撃する場合に、その剣闘獣戦闘破壊耐性を与えると同時に、相手カードの効果発動を封じる効果剣闘獣2体をリクルートする効果を持つ。

 リンク素材剣闘獣2体であり、【剣闘獣】であれば容易に素材を揃えられる。
 《レスキューラビット》《レスキューキャット》から剣闘獣2体をリクルートすれば即座にリンク召喚可能。
 剣闘獣融合モンスターと比較すると、素材をデッキに戻さずに墓地へ送るという点が異なる。
 そのため、(2)の効果《剣闘獣ダリウス》《剣闘獣エクイテ》特殊召喚すればその効果を使える。

 (1)は、剣闘獣攻撃する場合に戦闘破壊耐性を与え、相手カードの効果発動を封じる効果
 攻撃反応罠カードなどを警戒する必要がなくなり、戦闘破壊耐性を得るため、《剣闘獣セクトル》ステータスの低いモンスターによる攻撃も行いやすくなる。
 このカード自身にも適用されるため、安全に戦闘を行い(2)の効果につなげられる。
 この効果相手からの攻撃では適用されないため、維持するよりもバトルフェイズ終了時に(2)の効果を使用してメインフェイズ2での展開を狙うべきだろう。

 (2)は自身をエクストラデッキに戻し、剣闘獣2体をリクルートする効果
 自身が戦闘を行うことが条件だが、(1)の効果のため、無理なく使用できる。
 リンク素材にした剣闘獣墓地にいる状態であるため、《剣闘獣ダリウス》特殊召喚し、その効果蘇生すれば3体のモンスターが並ぶ。
 その他、手札剣闘獣があれば、《剣闘獣アウグストル》《剣闘獣ティゲル》特殊召喚することで展開を狙える。
 《剣闘獣ベストロウリィ》を含む2体を並べて《剣闘獣ガイザレス》を出せばアドバンテージを稼げる。

  • 名前の由来は、ローマ帝国最後の皇帝であるドラガシス・パレオロゴスか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《剣闘獣ドラガシス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 風属性 鳥獣族 攻2000 剣闘獣

広告