剣闘獣(グラディアルビースト)ネロキウス/Gladiator Beast Nerokius》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2800/守1900
「剣闘獣」モンスター×3
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは戦闘では破壊されず、このカードが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをエクストラデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター2体を特殊召喚する。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した闇属性鳥獣族融合モンスター
 戦闘破壊されず、このカード戦闘を行う場合に相手カードの効果を封じる永続効果剣闘獣2体をリクルートする誘発効果を持つ。

 《剣闘獣エセダリ》と同じく融合素材剣闘獣以外の指定のない剣闘獣融合モンスター
 戦闘破壊耐性および《幻層の守護者アルマデス》と同じ能力により、攻撃宣言さえできれば戦闘を確実に遂行し、バトルフェイズ終了時に分離させる事ができる。
 しかし、2体の剣闘獣リンク召喚できる《剣闘獣ドラガシス》がほぼ同様の効果を持っているというのが難点。
 (2)の効果リクルートできる剣闘獣の数も同じ2体であり、素材3体が必要なこのカードを正規手順で特殊召喚する利点はほぼない。
 相手から攻撃された場合でも効果適用されるのは一応利点だが、戦闘以外では除去される可能性があるため、メインフェイズ2で出すには不安が残る。

 《剣闘獣ドラガシス》フィールドにいるなら(1)の効果は無意味になってしまうため、このカードを活かしたいなら《剣闘獣ドラガシス》以外のリンクモンスターリンク先を確保し、《剣闘獣総監エーディトル》効果特殊召喚することになる。
 ただ上記の場合でも、戦闘を行わずともカード・アドバンテージを得られる《剣闘獣ガイザレス》や、より制圧力の高い《剣闘獣ヘラクレイノス》が優先されがちである。
 局地的な用途に限られるのは否めず、枠を圧迫してまで採用したいかはよく考えたい。

  • 翼を持つ点などから、モチーフの動物はコウモリだろう。
  • 名前の由来は、ローマ帝国第5代皇帝「ネロ(Nero)」だろうか。
    晩年の振る舞いから暴君として知られるネロだが、乱闘騒ぎが起きたコロセウムでの闘技会を禁止しローマ市民の安全を確保するなど、彼の治世は善政の側面も持つ。
    また、戦車の騎手や竪琴の歌手としての側面も知られている。
  • 元々は、TCGPrimal Originで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。

関連カード

戦闘時に相手効果発動を封じる効果を持つカード《ジェムナイト・マディラ》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:裏側表示のこのカード攻撃を受けてリバースした場合でも、このカード表側表示になった時点で(1)の効果はすぐに適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/09/13)


Tag: 《剣闘獣ネロキウス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 鳥獣族 攻2800 守1900 剣闘獣 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可

広告