剣闘獣(グラディアルビースト)ホプロムス/Gladiator Beast Hoplomus》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 700/守2100
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した場合、
このカードの元々の守備力は2400になる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードをデッキに戻す事で、
デッキから「剣闘獣ホプロムス」以外の「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した地属性岩石族下級モンスター
 剣闘獣効果特殊召喚された場合元々の守備力強化される永続効果剣闘獣リクルートする誘発効果を持つ。
 また、《剣闘獣スパルティクス》特殊召喚に必要となる。

 守備力2100は下級剣闘獣で最も高い。
 ほとんどの下級モンスターでは突破できない守備力なので、裏側守備表示攻撃を受けた後に効果発動し他の剣闘獣へ繋げる事が可能。
 《禁じられた聖槍》除去を回避した場合でも攻撃力ダウンがデメリットにならない点も評価できる。
 変わった所では、岩石族なので《岩投げエリア》に対応しており、剣闘獣戦闘破壊から守りつつこのカード墓地へ送る事が可能。
 墓地に送ったこのカード《剣闘獣ダリウス》蘇生する、《剣闘獣の底力》手札に戻してアドバンテージを稼ぐなどの使い途が考えられる。

 しかし、インフレの進んだ昨今では守備力2100はやすやすと突破される数値であり、また高速化によってモンスターセットする機会自体が激減している。
 剣闘獣効果リクルートすれば守備力は2400になるが、《剣闘獣アウグストル》攻撃表示で出せば攻撃力は2600であり他の効果も持ち合わせている。
 唯一の岩石族なので、種族をばらけさせることに意味がある《再起する剣闘獣》《剣闘排斥波》を活かそうにも、《剣闘獣ウェスパシアス》《剣闘獣ムルミロ》の方が優先されてしまう。
 近年の【剣闘獣】ではほぼ採用されていないのが実情である。

  • モデルは恐らく重装備をした剣闘士の「ホプロマシ(Hoplomachi)」。
    守備力が高く設定されているのはこのためだろう。
    英語版の剣闘獣はモデルそのままのネーミングが多いが、このカードは日本名がそのまま英語にされている。

関連カード

―《剣闘獣ホプロムス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:元々の守備力が変化する効果チェーンブロックは作られますか?
A:いいえ、チェーンブロックは作られません。(08/03/30)


Tag: 《剣闘獣ホプロムス》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻700 守2100 剣闘獣

広告