剣闘獣(グラディアルビースト)ラニスタ/Gladiator Beast Lanista》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1800/守1200
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターをゲームから除外し、
エンドフェイズ時までそのモンスターと同名カードとして扱う。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードをデッキに戻す事で、
デッキから「剣闘獣ラニスタ」以外の「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

 V JUMP EDITION 3で登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 剣闘獣の一体であり、剣闘獣効果特殊召喚に成功した時に墓地剣闘獣の名前をコピーできる誘発効果を持つ。

 同名カードになる事で剣闘獣融合モンスターの素材になれるが、蘇生できる《剣闘獣ダリウス》デッキからコピーできる《E・HERO プリズマー》のほうが有用である。
 しかも効果の適用期間が非常に短い上、除外により再利用も難しくなる。
 一応、レベル剣闘獣《スレイブタイガー》、あるいは《魔界発現世行きデスガイド》から《虚空海竜リヴァイエール》に繋ぐ事はできるが、除外タイミングと噛み合わず、即効性がないため、戦術の軸には成り得ない。

 このカードの真価は効果ではなく、専らその種族にある。
 このカード鳥獣族であるため、《ゴッドバードアタック》に対応している。
 鳥獣族剣闘獣には、魔法・罠カード除去が可能な《剣闘獣ベストロウリィ》サルベージ効果を持つ《剣闘獣エクイテ》もいるが、下級モンスターアタッカーとして通用し得る攻撃力を持っているのはこのカードのみ。
 【鳥獣族】型【剣闘獣】、通称【鳥剣】ではメインのアタッカーとして活躍する。
 基本的に効果を利用する場面が少ないが、それ故にリクルートする事で《ゴッドバードアタック》を強く意識させる事が可能。
 上記デッキではフィールドカード破壊する機会が多く、フィールドががら空きになり、特に必要な剣闘獣が存在しない場面もあるため、そういったタイミングでリクルートするにはもってこいである。

 また、後半の効果は他の剣闘獣と共通の効果
 《剣闘獣ラクエル》と同攻撃力を持つが、このカードから攻撃力2100の《剣闘獣ラクエル》を直接呼ぶことが可能。
 このため、始動役の剣闘獣としては《剣闘獣ラクエル》以上に優れているといえる。

 《電光千鳥》エクシーズ素材となれる点でも価値が高まっている。
 《剣闘獣ガイザレス》からこのカード《剣闘獣エクイテ》リクルートすれば条件が整う。
 対応モンスターとしては他に《剣闘獣セクトル》も存在するが、あちらは専用の構築でなければ少なからず手札事故を招く。
 《剣闘獣ガイザレス》からの追撃に関しては、通常そこまで除去すべきカードフィールドに存在する事は稀であるが、《トラップ・スタン》《魔封じの芳香》と絡める事でボード・アドバンテージを稼ぎやすい状況を作り出す事ができる。

  • モデルは、剣闘士の訓練を行う「ラニスタ」であろう。
    剣闘士養成所の管理を任された存在である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果の分類は何ですか?
A:どちらも誘発効果となります。(11/01/09)

Q:効果によりカード名《剣闘獣ホプロムス》《剣闘獣ディカエリィ》になっている場合、バトルフェイズ終了時の効果でそれぞれ《剣闘獣スパルティクス》《剣闘獣アレクサンデル》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/01/09)

Q:このカードの効果墓地の《剣闘獣ラニスタ》を選択して除外できますか?
A:はい、できます。(11/01/24)


Tag: 《剣闘獣ラニスタ》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1800 守1200 剣闘獣

広告