検問(けんもん)/The Forceful Checkpoint》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手の手札を全て確認し、その中にモンスターカードがあった場合、その攻撃を無効にする。
その後、自分は相手の手札からモンスター1体を選んで捨てる。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した通常罠
 相手攻撃宣言に反応してピーピングを行い、モンスター手札にあった場合攻撃宣言無効にしハンデスを行う効果を持つ。

 モンスターカードはその性質上手札に保持してある場合が多く、カードの発動は狙いやすい。
 《エフェクト・ヴェーラー》等に代表される手札誘発モンスターカード捨てさせられればしめたものである。

 しかし、ピーピングした結果相手手札モンスターカードが無かった場合、攻撃無効にできず一方的にディスアドバンテージを負うだけである。
 また、攻撃反応型である故に発動前に除去されやすい。
 干渉するのは相手手札のみでありフィールドには影響しないため、同じ発動条件ならバリア −フォース−等の方が有効な状況も多い。
 そして、相手手札次第では墓地を肥やす事になってしまうため、発動するタイミングを見極めなければならない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《検問》 通常罠

広告