幻影騎士団(ファントム・ナイツ)シェード・ブリガンダイン/The Phantom Knights of Shade Brigandine》

通常罠
「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」は1ターンに1枚しか発動できない。
自分の墓地に罠カードが存在しない場合、
このカードはセットしたターンでも発動できる。
(1):このカードは発動後、通常モンスター(戦士族・闇・星4・攻0/守300)となり、
モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。

 PREMIUM PACK 18で登場した通常罠
 罠モンスターの一種であり、発動後に通常モンスターとなる効果、特定条件でセットしたターン発動できる効果外テキストを持つ。

 能動的にモンスターとなれる幻影騎士団罠モンスターの1体であり、墓地罠カードが無ければセットして即座に発動できる。
 このカードを複数採用した場合、1枚目のこのカード墓地へ行くため2枚目以降の条件を満たすのが困難となる。
 後述の通り、全体除外カードでも使わない限りはピン挿しに留めておくが無難と言えよう。

 【幻影騎士団】墓地から除外できる罠カードも多く、このカードサーチも容易なので、条件は比較的満たしやすい。
 しかし、他の幻影騎士団に比べ固有効果が無く、レベル4のため幻影騎士団エクシーズモンスターエクシーズ素材にもなれない。
 また、《幻影騎士団シャドーベイル》等の発動条件を選ぶものを採用した場合は常に条件を満たすというのも難しくなり、罠カードを積極的に除外するか、罠カードのない序盤にサーチする必要がある。
 わざわざレベルモンスター1体を用意するためだけにデッキの構築や動きを意識する程の必要性があるかと問われれば疑問が残る。
 一応、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》デッキから《幻影騎士団サイレントブーツ》墓地へ送ってサーチすれば即座にランク4に繋げられるのは利点。
 また、《幻影騎士団ブレイクソード》を出しきった後はランク4を使いきれない場合があるため、保険としての採用も検討はできる。

 一方で、元々罠カードをほぼ採用しないデッキならば、ほぼ確実に特殊召喚できるレベル4・闇属性戦士族通常モンスターとして扱える。
 サイドデッキピン挿ししておき、罠カードが使いにくくなる後攻時に他の罠カードと入れ替えるという方法もある。

 《マクロコスモス》《妖精伝姫−シラユキ》を用いるデッキならば発動後に除外できるため2枚目以降も活用できる。
 《マクロコスモス》発動時にリクルートした《原始太陽ヘリオス》《妖精伝姫−シラユキ》とでランク4のエクシーズモンスターにも繋げられる。

  • 「シェード(Shade)」は「日陰」といった意味。
    「ブリガンダイン(Brigandine)」は鎧の一種である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》 通常罠 罠モンスター(通常) 星4 闇属性 戦士族 攻0 守300 幻影騎士団 ファントム

広告