幻影騎士団(ファントム・ナイツ)シェード・ブリガンダイン/The Phantom Knights of Shade Brigandine》

通常罠
「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」は1ターンに1枚しか発動できない。
自分の墓地に罠カードが存在しない場合、
このカードはセットしたターンでも発動できる。
(1):このカードは発動後、通常モンスター(戦士族・闇・星4・攻0/守300)となり、
モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。

 PREMIUM PACK 18で登場した通常罠
 特定条件でセットしたターン発動できる効果発動後、モンスターとなる効果を持つ。

 発動モンスターとなる効果を持つが、それ以外の効果を持たないため、《幻影騎士団トゥーム・シールド》よりも扱いにくい。
 幻影騎士団は多くがレベル3なので、発動後にレベルモンスターとなるこのカードはその点でもかみ合いにくい。

 墓地罠カードがない場合に即座に発動できる利点はあり、ファントム罠カードの多くは墓地から除外することで効果を発揮するものは多い。
 だが、《幻影騎士団シャドーベイル》など、発動条件を選ぶものもあるため常に条件を満たすのは難しく、墓地罠カードを能動的に除外するか、罠カードのない序盤に出す必要がある。

 罠カード墓地にない場合、《ダーク・グレファー》《終末の騎士》デッキから《幻影騎士団サイレントブーツ》墓地へ送ることでこのカードサーチ発動すればランク4につなげられる。
 また、《幻影騎士団ブレイクソード》を出しきった後はランク4を使いきれない場合があるため、1枚採用しておくのも悪くはない。

 《妖精伝姫−シラユキ》とは相性が良く、あちらの自己再生コスト墓地罠カード除外することで発動条件を満たせる。
 さらにモンスターとなったこのカード自己再生した《妖精伝姫−シラユキ》エクシーズ召喚が可能。

 罠カードをほとんど、あるいは一切採用せず、ランク4のエクシーズモンスターを主軸とするデッキであればレベルモンスターとしての採用が検討できるか。
 《フォトン・スラッシャー》等とは異なりフィールドの状況に左右され難い利点はある。
 手札に引き込むことを目的として複数枚採用した場合、1枚目が墓地へ置かれてしまうと2枚目以降の速効性がなくなってしまうため注意したい。
 《マクロコスモス》を用いるデッキならば《原始太陽ヘリオス》とでランク4のエクシーズモンスターに繋げられ除外されるため2枚目以降も活用できるが、《マクロコスモス》除去された場合の処理方法なども考えておきたい。

  • 「シェード(Shade)」は「日陰」といった意味。
    「ブリガンダイン(Brigandine)」は鎧の一種である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》 通常罠 罠モンスター(通常) 星4 闇属性 戦士族 攻0 守300 幻影騎士団 ファントム

広告