幻獣(げんじゅう)ロックリザード/Phantom Beast Rock-Lizard》

効果モンスター
星7/闇属性/獣戦士族/攻2200/守2000
「幻獣」と名のついたモンスターを生け贄に捧げる場合、
このカードは生け贄1体で召喚する事ができる。
このカードが戦闘で破壊したモンスター1体につき、
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
相手がコントロールするカードの効果によって
このカードが破壊され墓地へ送られた時、
相手ライフに2000ポイントダメージを与える。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 「遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE」攻略本 付属カードで登場した闇属性獣戦士族最上級モンスター
 幻獣1体でアドバンス召喚できる効果外テキストと、モンスター戦闘破壊した場合と相手カードの効果破壊された時にダメージを与える誘発効果を持つ。

 主軸となるのはカードの効果破壊された時に発生するダメージ効果
 2000ポイントという数値は初期ライフの4分の1であり、他のダメージを組み合わせれば引導火力になりうる。
 最上級モンスターとしては攻撃力が低く、戦闘破壊された場合はダメージを与えられない。
 そのため自身のリリースを軽減してフィールドに出した後、獣戦士族および幻獣サポートによる戦闘補助が必要となる。
 獣戦士族サポートならばドローを行える《幻獣の角》攻撃力強化を行う《炎舞−「天セン」》などが有用となる。
 《幻獣クロスウィング》リリースして召喚すればリリース軽減と攻撃力アップを兼ねられるため、有力な選択肢になる。
 戦闘による突破を防げば効果破壊されやすくなり、ダメージを与えやすくなるので相性はいい。

 また守備力も低くはないため、破壊以外の効果対象になった場合は《月の書》を利用すれば大抵の下級モンスター攻撃程度には耐えられる。
 もちろん《野性解放》で多大な攻撃力を得ることも可能だが、自壊した場合は誘発効果発動することはできない。

 相手モンスター戦闘破壊した場合のバーン効果も上記強化と相性がよい。
 強化して戦闘ダメージを与えつつこの効果相手ライフを減らせばそれだけこのカード効果破壊しにくくなる。

 破壊され墓地へ送られた時の誘発効果フィールド上以外でも発動する。
 見落としがちだが大量のライフコストを必要とする《神の宣告》《神の警告》に対しては非常に強い。

  • 「1体につき」とあるが、複数のモンスターを同時に戦闘破壊する効果は持ち合わせていない。
    類似効果を持つモンスターにもこの様な記述は無く、後述するアニメオリジナルモンスターの影響と思われる。
  • 「ロックリザード」とは、イグアナの一種である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXで万丈目ホワイトサンダーが使用した《白騎士団の(ホワイトナイツ)ロード》に効果が似ている。
    幻獣下級モンスターが揃ってホワイトサンダーのカードと同じ効果を持っている為、このカードもそれを意識していると思われる。
    《白騎士団のロード》(ホワイトナイツロード)
    効果モンスター
    星7/光属性/戦士族/攻2000/守2000
    このカードが戦闘しなかったターンのエンドフェイズに
    コントローラーに800ポイントのダメージを与える。
    このカードが受ける戦闘ダメージは0になる。
    このカードは生け贄にする事は出来ない。
    戦闘で破壊したモンスター1体につき、
    相手プレイヤーに300ポイントのダメージを与える。
    相手プレイヤーのカード効果によってこのカードが破壊された時
    相手プレイヤーに1000ポイントダメージを与える。

関連カード

相手モンスター破壊して墓地へ送る度に固定のダメージを与える

相手モンスター破壊する度に固定のダメージを与える

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:1つ目は効果の扱いではありません。(効果外テキスト)
  2つ目、3つ目は誘発効果です。(16/02/04)

Q:コントロール奪取されている場合、どちらのプレイヤーカードの効果破壊されればダメージが発生しますか?
A:2000ダメージを与える効果は、元々の持ち主がコントロールしている場合しか発動しません。(10/09/02)

Q:セットされている幻獣と名のついたモンスター1体をリリースしてこのカードを召喚できますか?
A:できます。(09/08/22)


Tag: 《幻獣ロックリザード》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 獣戦士族 攻2200 守2000 幻獣

広告